ページの先頭です

大阪市における潜熱回収型ガス給湯器ドレン排水のお取扱いについて

2019年4月26日

ページ番号:202889

大阪市における潜熱回収型ガス給湯器ドレン排水のお取扱いについて

平成26年4月(大阪市建設局)

 潜熱回収機構を有する給湯器等(以下「潜熱回収型ガス給湯器」といいます。)のドレン排水については、次のとおりお取扱いいただきますようお願いしております。

 普及が促進されている高効率給湯器のうち、潜熱回収型ガス給湯器におけるガス燃焼由来の凝縮水であるドレン排水(以下「ドレン排水」といいます。)は、生活・事業に起因する排水となり、下水道法第2条によると汚水に分類されるため、原則として汚水系統の排水設備に排出していただくようお願いしております。

 しかしながら、大阪市では、市域のほとんどを合流式下水道(※1)で整備しておりますので、この合流式の区域では、ドレン排水を雨水系統の排水設備に排出していただくことも可能です。

 また、市域の一部(別図ご参照ください。)に採用しております分流式下水道(※2)の区域でも、次の要件が満たされれば、合流式の区域と同様に、ドレン排水を雨水系統の排水設備に排出していただくことも可能となります。

(分流式の区域で、ドレン排水を雨水系統の排水設備に排出できる要件)

  • 設置する潜熱回収型ガス給湯器が、一般財団法人日本ガス機器検査協会(JIA)で認証されている機器の場合

合流式の区域、分流式の区域を問わずドレン排水を雨水系統の排水設備に排出される場合は、次の点にご留意、ご配慮ください。

  • ドレン排水の排水管を雨水の縦樋に直接接合による雨水の潜熱回収型ガス給湯器内への溢水が無いように
  • ドレン排水を直接地先の側溝や共用通路等に排水する場合の飛散、溢水等が無いように
  • 近隣周辺の生活環境に影響を及ぼすことが無いように(例えば、側溝や側溝ますに滞留する水に起因する害虫発生など)
  • その他、ドレン排水の状況などの点検・確認等に支障が無いように

(※1)合流式下水道とは、汚水と雨水とを同じ下水道管で処理場やポンプ場まで排除する方式です。

(※2)分流式下水道とは、汚水と雨水とを別々の下水道管で処理場やポンプ場等まで排除する方式です。

(接続のお問い合わせ先)下水道部施設管理課 電話06-6615-6484 Fax 06-6615-6583

(排水水質のお問い合わせ先)下水道部施設管理課水質管理担当 電話06-6615-7525  Fax 06-6615-6583

大阪市における潜熱回収型ガス給湯器ドレン排水のお取扱いについて

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局下水道部施設管理課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-6484

ファックス:06-6615-6583

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示