ページの先頭です

国土交通省のB-DASHプロジェクト等に技術開発提案が採択されました

2022年8月8日

ページ番号:563981

B-DASHプロジェクト、下水道応用研究それぞれに創エネ等に関する提案技術が採択されました

 下水道のグリーンイノベーションに向けて国土交通省が公募したB-DASH プロジェクト(注)及び下水道応用研究に対して、大阪市が申請を行った2件の技術(B-DASHプロジェクトに1件、下水道応用研究に1件)がそれぞれ採択されました。

 (注)B-DASHプロジェクト:下水道革新的技術実証事業 Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Project

 国土交通省ホームページ「下水道のグリーンイノベーションに向けて技術実証・応用研究に取り組みます ~B-DASH プロジェクトに2技術、下水道応用研究に4技術を新たに採択~」

 別ウィンドウで開くhttps://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo13_hh_000494.html別ウィンドウで開く

採択技術の概要

B-DASHプロジェクト(実規模実証実験)

 事業名:最初沈澱池におけるエネルギー回収技術

 実施者:株式会社明電舎・大阪市 共同研究体

 概要:既存最初沈殿池を改良し、反応槽に送り込む前段階でエネルギーとして利用可能な溶存有機物も回収することによる消化ガス発生量の増大(創エネ)、また、反応槽での有機物負荷削減による消費電力量の低減(省エネ)について検証する。

提案技術の概要図

下水道応用研究

 事業名:水素および廃棄バイオプラスチック分解物の消化槽への添加によるバイオメタン増量技術

 実施者:大阪ガス株式会社・京都大学・株式会社NJS・大阪市 共同研究体

 概要:嫌気性消化槽への水素投入によるバイオメタネーション及び廃棄バイオプラスチック分解物(乳酸)添加による消化ガスの増加、さらなるバイオメタン量の増加について検証する。

提案技術の概要図

 今後も、大阪市では産学官連携による共同研究を実施し、創エネ・省エネ等の下水道課題に対する技術開発に取り組んで参ります。

 建設局の技術開発に係る共同研究制度等について

 別ウィンドウで開くhttps://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000539463.html

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局下水道部調整課事業計画担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-7674

ファックス:06-6615-7690

メール送信フォーム