ページの先頭です

大阪市版ネウボラの取組みについて

2022年3月28日

ページ番号:555167

大阪市版ネウボラのイメージ

 妊娠、出産や子育てに関して、誰に相談していいのかわからない、どこに相談していいのかわからないという声もある中、その方に必要な支援につながるように、自分の住んでいる地区を担当している保健師がいることを周知し、地区担当保健師との顔の見える関係づくりと家族ぐるみの支援を継続的に実施する取組みを推進し、すべての子育て家族にとって安心して気軽に相談できる場を目指して「大阪市版ネウボラ(※)」を実施しています。

(※)「ネウボラ」とは、フィンランド語で「アドバイスする場所」という意味で、切れ目ない支援をワンストップで行う制度とそのための地域拠点そのもの。

取組内容

 平成31年4月より各区において、「地区担当保健師との信頼関係の強化」と「子育て家族支援の充実」に向けて、区の実情に応じた取組みを実施しています。

  • 集合写真や似顔絵等を活用し、地区担当保健師がいることを周知、顔の見える化の推進
  • 妊産婦が相談しやすい環境、場所の確保
  • 出生届出時、転入届出時に地区担当保健師を紹介、案内
  • 母子手帳に担当保健師の連絡先を記入
  • 両親教室を開催   

など

取組状況に関するアンケート結果

 各区保健福祉センターの乳幼児健診にて、大阪市版ネウボラに関するアンケートを実施しました。ネウボラの取組みを開始した令和元年当初より令和3年では認知度が上がっています。
ネウボラアンケート結果
別ウィンドウで開く

出産・育児に関する支援紹介

出産・育児に関する手続きなど

健康診査・予防接種

お役立ち情報

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部管理課母子保健グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9966

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示