ページの先頭です

大阪市指定文化財

2019年1月9日

ページ番号:370195

大阪市指定文化財とは

古くからの歴史と文化をもつ大阪市には、国宝の住吉大社本殿など、国や府が指定した多くの文化財があります。大阪市教育委員会では、これらの指定された以外の文化財について調査を行っています。その調査により大阪の歴史と文化を理解するうえで、重要な意味をもつ文化財がたくさんあることがわかってきました。
 そこで、所有者をはじめ関係者の方々のご協力のもと、これらの文化財を大切に守り、未来へ確実に伝えていくために、平成11年2月に大阪市文化財保護条例を制定し、同年7月に施行しました。
 この条例に基づき、大阪市教育委員会では平成11年度から、大阪市の文化財を指定しています。(平成30年5月現在、合計250件

 大阪市内に所在する国指定および登録等文化財、ならびに、府指定および登録等文化財については大阪府内指定文化財一覧表別ウィンドウで開く(大阪府ホームページ)にある「政令市」大阪市のエクセルファイルをご参照ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム