ページの先頭です

令和元年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」結果【大阪市の概要】を公表します

2020年2月5日

ページ番号:462203

  大阪市教育委員会では、令和元年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」【大阪市の結果】を公表します。

 スポーツ庁は、平成20年度から「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」を実施しています。この調査は、国や各教育委員会が子どもの体力の状況を把握・分析することにより、子どもの体力の向上に係る施策の成果と課題を検証し、その改善を図ることを目的としており、大阪市教育委員会もこの調査の趣旨に則り実施してまいりました。スポーツ庁は、昨年度に引き続き、悉皆調査として実施しました。

 大阪市教育委員会では、保護者や市民の皆様に説明責任を果たすとともに、子どもたちの健康や体力に関心をお持ちいただき、子どもの体力向上にむけてご協力いただくため、調査結果の概要及び分析結果を公表します。

 また、令和元年度に改訂いたしました「大阪市子どもの体力づくり強化プラン」に基づき、引き続き子どもの体力向上に向けた取組を進めてまいります。

調査結果の概要

1 調査対象者

小学校第5学年

中学校第2学年

2 調査期間

平成31年4月~令和元年7月

3 調査事項

(1)実技に関する調査(新体力テスト)

小学校調査
[8種目] 握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、20mシャトルラン、50m走、立ち幅とび、ソフトボール投げ
中学校調査

[8種目] 握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、持久走(男子1,500m、女子1,000m)、20mシャトルラン、50m走、立ち幅とび、ハンドボール投げ

 注 持久走か20mシャトルランのどちらかを選択して実施

(2)質問紙調査

児童生徒質問紙調査

 「運動やスポーツ」、「普段の生活」、「学校の体育・保健体育の授業」等についての質問紙調査

学校質問紙調査

「子どもの体力向上に係る取組」、「体育・保健体育の授業」「体育・保健体育の授業以外の取組」「学校の組織体制」「地域等との連携」「調査結果の活用状況」等についての質問紙調査

4 調査結果の概要

(1)実技に関する調査

令和元年度全国調査結果(全国の公立校を対象としたもの)との比較
  • 小学校では、全国平均を上回る種目は、男子は握力、50m走、女子は握力であった。昨年度と比べ、男女とも上体起こし・長座体前屈・反復横とび・20mシャトルラン・立ち幅跳びは全国平均との差が縮まった。一方、女子のボール投げはわずかに差が広がった。
  • 中学校では、男子は握力・上体起こし、女子は握力・上体起こし・反復横跳び・20mシャトルラン・ボール投げで全国平均を上回った。昨年度と比べ、男子は立ち幅跳び・ボール投げ、女子は長座体前屈・立ち幅跳びは全国平均との差が縮まった。一方、男子の長座体前屈・反復横跳び・20mシャトルラン・50m走はわずかに差が広がった。
大阪市の結果の前年度比較
  • 小学校では、男子が上体起こし、長座体前屈、反復横跳び以外の5種目と体力合計点で下回り、女子は20mシャトルラン、50m走、ボール投げ以外の5種目と体力合計点で上回った。
  • 中学校では、男子はすべての種目で下回り、女子は反復横跳び、20mシャトルラン、50m走以外の5種目と体力合計点で上回った。
体力合計点経年比較
  • 本調査において、体力合計点における経年比較について考察すれば、全国平均値との差はあるものの、概ね全国平均値と同様の傾向を示している。中学校2年女子については、全国平均値に迫る結果であった。
総合評価
  • 小学校では、男子はA・B段階、女子はB段階の割合が減少し、男子はD・E段階の割合が高くなっていた。男子のD・E段階の割合が高いのが課題である。
  • 中学校では、男女ともA・B段階の割合が減少し、D・E段階の割合が高くなっていた。男女ともD・E段階の割合が高いのが課題である。

注 総合評価とは、合計得点を、年齢別男女別の総合評価基準にしたがって、高い方からA~Eの順に5段階で評定した評価である。

(2)質問紙調査

児童生徒質問紙
  • 「運動やスポーツをすることが好き」と答えた児童・生徒の割合は、小中学校男女とも全国と比べて低かった。しかしながら、昨年度の大阪市と比べると、小中学校男女とも高くなっていた。また、「好き」と答えた児童・生徒は、体力合計点が高かった。
  • 「毎日朝食を食べる」と答えた児童・生徒の割合は、小中学校男女とも全国と比べて低かった。しかしながら、昨年度の大阪市と比べると、小中学校女子が高くなっていた。また、「毎日食べる」児童・生徒は、体力合計点が高かった。
  • 「スクリーンタイム(平日1日当たりのテレビ、スマートフォン、ゲーム機による映像の視聴時間)」に関して、平日5時間以上視聴する児童・生徒の割合は、全国と比べて高かった。また、昨年度の大阪市と比べて、小学校男子と中学校男女で、3時間以上視聴する児童生徒の割合が高くなっていた。さらに、平日5時間以上視聴する児童・生徒は、体力合計点が低かった。
  • 「体育・保健体育の授業は楽しい」と答えた児童・生徒の割合は、小中学校男女とも全国と比べて低かった。しかしながら、昨年度の大阪市と比べると、小中学校男女ともわずかに高くなっていた。また、「楽しい」と答えた児童・生徒は、体力合計点が高く、一週間の総運動時間も長かった。
  • 「体育・保健体育の授業で、わかるこれまでできなかったことができるようになったきっかけ、理由」に関しては、

  小学校では、男女とも

  1「授業中に先生に個別にコツやポイントを教えてもらった」

  2「授業中に自分で工夫して練習した」

  4「先生や友達のまねをしてみた」

  5「友達に教えてもらった」 

  8「授業外に自分で練習した」と答えた児童の割合が高かった。

  中学校でも、男女とも

  1「授業中に先生に個別にコツやポイントを教えてもらった」

  2「授業中に自分で工夫して練習した」

  4「先生や友達のまねをしてみた」

  5「友達に教えてもらった」 と答えた生徒の割合が高かった。

学校質問紙
  • 児童生徒の体力・運動能力向上に係る取組について、「平成30年度に、児童・生徒の体力・運動能力の向上のための学校全体の目標を設定していた」学校の割合、「運動・スポーツが苦手な児童生徒向けの取組、または性別に応じた取組を現在行っている」学校の割合は、全国と比べて、小中学校とも高かった。
  • 学校の体育・保健体育の授業について、「平成30年度の全国体力・運動能力運動習慣等調査結果を踏まえた年間指導計画の改善に反映した」「同調査結果を踏まえた授業等の工夫・改善を行った」学校の割合、「体育・保健体育指導で授業中のICTの活用」している学校の割合は、全国と比べて、小中学校とも高かった。
  • 一方で、「体育・保健体育の授業の冒頭で、その授業の目標を児童・生徒に示す活動を取り入れている」「体育・保健体育の授業の最後に、その授業で学習したことを振り返る活動を取り入れている」「体育・保健体育の授業では、児童・生徒同士で助け合ったり、役割を果たしたりする活動を取り入れている」「体育・保健体育の授業では、児童・生徒同士で話し合う活動を取り入れている」学校の割合は、小中学校とも、全国と比べて低いが、昨年度の大阪市と比較すると、小学校においては、増加傾向である。
  • 「体育・保健体育の授業で努力を要する児童・生徒がいる場合、どのような取組をするか」という問いに対して、全13項目のうち、

  小学校においては、

  1「授業中にコツやポイントを重点的に教えている」

  2「授業中、児童自らが工夫して行えるようにしている」

  6「友達同士で教え合いを促している」

  7「授業中に自分の動きを撮影した映像を見られるようにしている」

  8「授業外の時間でも教えている」

  9「授業外の時間に児童自ら練習するよう促している」

  10「授業外の時間に児童が本や映像を見られるようにしている」

  また、中学校においても、

  1「授業中にコツやポイントを重点的に教えている」

  2「授業中、生徒自らが工夫して行えるようにしている」

  5「教員や友達のまねを促している」

  6「友達同士で教え合いを促している」  

  7「授業中に自分の動きを撮影した映像を見られるようにしている」

  8「授業外の時間でも教えている」

  9「授業外の時間に児童自ら練習するよう促している」

  10「授業外の時間に児童が本や映像を見られるようにしている」

  と答えた学校の割合は、全国と比べ高かった。

  • 「平成30年度に、体育・保健体育授業以外で、全ての児童生徒の体力・運動能力の向上に係る取組」を行った学校の割合は、小中学校ともに全国と比べ高かった。
  • 「健康三大原則(運動・食事・休養及び睡眠)の大切さを児童生徒に様々な場面で計画的に伝えるようにしている」学校の割合は、小中学校ともに全国と比べ高かった。

5 調査結果から明らかに大阪市の現状と課題

  • 大阪市教育振興基本計画の施策7「健康や体力を保持増進する力の育成」において、成果指標として体力合計点における2020(R2)年度末の目標値を設定している。小学校男子53.0点、女子56.0点、中学校男子42.0点、女子51.0点としている。2019(R1)の体力合計点は、小学校男子52.53点、女子54.47点、中学校男子41.04点、女子50.13点となっており、小中学校男女とも目標値から開いた結果となったものの、小学校の男女、中学校の女子については、全国平均に近づいている。
  • 各校において「検証シート」を活用することにより、子どもたちの体力の状況や意識について分析し、成果と課題を確認することができている。また、体育・保健体育授業で、授業中に努力を要する児童生徒に対する取組は、小学校ではすべての項目、中学校でも12項目中8項目について、全国を上回っている。次年度の取組に一定の効果が上がるよう、今後も継続して活用することとする。
  • 1週間の総運動時間が60分未満の児童・生徒は、中学校男子を除いて昨年度の大阪市よりも改善が見られた。しかし、小学校男子を除いて420分以上の運動をしている児童・生徒の割合も減少している。また、中学校においては、全国と同様に二極化が見られた。全国と比較して、60分未満の児童・生徒の割合は、小・中学校で男女ともに高い。
  • 種目別に見ると全国平均との差が大きいのは、小学校では「反復横とび」「20mシャトルラン」「立ち幅とび」、中学校では、「長座体前屈」「持久走」「立ち幅とび」となっており、持久力や日常生活であまり行わない動きがある種目において課題が見られた。

6 今後の取組

教育委員会事務局の取組

(1)子どもの体力づくり強化プランに基づいた取組の推進
  • 大阪市の子どもたちの体力向上に向けての基本となるものであり、子どもの体力向上に向けて具体的な取組を示す。
  • 「リーフレット『いっしょにのばそう!子どもの体力』」により保護者あて啓発する。本リーフレットは、学校から保護者に配付するとともに区のホームページにも掲載し、家庭・学校・地域が協力した子どもたちの体力向上の取組に活用する。
(2)調査結果より見えてきた課題への取組

ア 運動機会を増やす

  • 学校の実情に応じた、各種目に対応した運動や活動を日常的に取り入れることや、授業内で運動量を確保する工夫をするよう指導する。特に、子どもの体力向上推進委員会等で検討し、運動や活動の最初に取り組む意欲を向上させるような導入方法を検討する。
  • 小学校教育研究会体育部と連携し、「遊びを通した体力向上の取組」についての資料をまとめ、各校へ提供するとともに活用について指導する。
  • 区と協力するなどして、運動やスポーツに親しむ機会を提供する。

イ 中学校教育研究会保健体育部と連携した、正しい実施及び計測方法についての研修会を小学校教員向けに悉皆で開催する。

ウ 教員の指導力を向上させる

  • 教育委員会事務局が主催する教員対象の指導方法に関する研修会を開催する。

エ 「新体力テスト」の実施及び測定方法の徹底並びに実施に当たっての助言

  • 「令和元年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査」【大阪市の結果】についての説明会を開催する。
  • 令和2年度より、小学校4年生についても「新体力テスト」を実施し、5年生の全国体力・運動能力運動習慣等調査と継続して取り組む。
  • 各校における課題を共有し、継続した日々の授業や活動をとおして「学校としての目標値」の明確化に取り組み、子どもたちに意識化させる。
  • 「体力調査の実施に関する説明会」において、小学校教育研究会体育部に協力いただいた、資料「新体力テストの測定に向けて」を配布し、工夫した実施について指導する。
  • 「新体力テスト」の実施にあたり、補助のための学生ボランティアを募り、希望する小学校に配置する。

 

小中学校の取組

(1)「検証シート」の作成について
  • 校長は、全国及び大阪市の子どもの体力の状況を踏まえ、自校の子どもの体力向上に係る成果と課題を検証し、明らかになった現状等に基づいて、小学校については、「検証シート」、中学校については「学校のあゆみ」等を作成するとともに、自校の子どもの体力の現状等を学校協議会で説明し、学校ホームページにより公表する 。

令和元年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」結果

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局指導部保健体育担当保健体育グループ(体育)

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-8172

ファックス:06-6202-7052

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示