ページの先頭です

大阪市港湾局指定管理予定者選定委員会開催要綱(振興課所管施設 港湾労働者休憩所)

2016年6月16日

ページ番号:204466

   

制定:平成24年10月1日

改正:平成28年6月14日

 

 

(開催)

第1条 大阪市港湾施設条例(昭和39年大阪市条例第76号。)第24条に基づき、指定管理予定者を選定するにあたり、学識経験者その他港湾局長が適当と認めた者から意見を徴するため、大阪市港湾局指定管理予定者選定委員会(以下「選定委員会」という。)を開催するものとする。

 

(組織)

第2条 選定委員会は原則5名以内の選定委員で構成する。

 2 選定委員は、港湾行政、港湾物流、港湾労働、法律、経営、経済等に関する学識経験者の中から、市長が委嘱する。

 

(委員長)

第3条 選定委員会に委員長を置き、選定委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、選定委員会を代表し、会議の議事を進行する。

3 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長の指名する選定委員がその職務を代理する。

 

(専門委員)

第4条 選定委員とは別に専門委員を置く。

2 専門委員は、指定管理者による施設の管理運営状況に対する評価に当たって、これに関する意見を述べるものとする。

3 専門委員は、選定委員会の委員を務めた者のうちから港湾局長が委嘱する。

4 専門委員は、当該指定期間の最終年度の管理運営状況についての意見の聴取が終了したときは、解嘱されるものとする。

5 意見の聴取については、専門委員からの書面による意見をもって会議の開催にかえることができることとする。

 

(解嘱)

第5条 選定委員は、指定管理予定者について、市会の議決を経ることをもって解職するものとする。

 

(会議)

第6条 選定委員会の会議は、港湾局長が招集する。

2 選定委員会は、選定委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

3 選定委員会は非公開とする。

 

(選定)

第7条 選定委員会は、港湾施設条例第22条に基づいて提出された指定管理者指定申請書の内容を検討し、各申請者の指定管理者としての適格性を審査するにあたり、市長に意見を述べることとする。

2 選定委員会は、前項の意見を述べるための選定方法、選定基準その他選定に必要な事項を決定するにあたり港湾局長に意見を述べることとする。

3 選定委員会は、必要があると認めるときは、関係者の出席を求め、その意見又は説明を聴くことができる。

 

(募集要項に対する意見)

第8条 港湾局長は、指定管理者指定申請に係る募集要項を策定するにあたり、選定委員会に意見を求めることができる。

  2 前条第3項は、選定委員会が前項の意見を作成する際について、準用する。

 

(庶務)

第9条 選定委員会の庶務は、港湾局計画整備部振興課において処理する。


(施行細目)

 第10条 この要綱の施行について必要な事項は、港湾局長が定める。

 

附則

 この要綱は、平成24年10月1日から施行する。

 

附則

 この改正要綱は、平成28年6月14日から施行する。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 港湾局計画整備部振興課

住所:〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階

電話:06-6615-7767

ファックス:06-6615-7789

メール送信フォーム