ページの先頭です

保育料について

2024年5月31日

ページ番号:626731

市民の声

 現在子供が1人います。保育園に入園予定ですが、2人目の0~3歳児は無償とのことです。2人目と限らず0~3歳児の1人目も分け隔てなく、無償にしていただきたいです。

市の考え方

 子ども・子育て支援新制度において、利用者負担については、法令により世帯の所得の状況その他の事情を勘案して定めることとされており、国が定める水準を限度として、実施主体である市町村が定めることとなっています。
 0~2歳児クラスの保育料につきましては、国の制度に基づき4~8月の保育料は前年の6月決定の市町村民税額により決定され、9月~翌年3月の保育料は当年の6月決定の市町村民税額により決定されております。
 多子世帯における保育料につきましては、国の制度に基づき、同一世帯において、2人以上の子どもが保育施設等を利用している場合には、利用中の第2子の子どもの保育料は半額、第3子以降の子どもの保育料は無償となります。これは同時に2人以上の子どもが保育施設を利用している期間において、当該期間中の月の収入で2人分以上の保育料を負担することが困難であることを考慮したものです。さらに、年収約360万円未満の世帯については、多子軽減に算定される子どもの年齢制限が撤廃されており、保育施設等を利用しているかいないかに関係なく、年長順に第1子、第2子、第3子と算定し、保育料を軽減しています。
 なお、本市としましては、令和6年9月より、認可保育施設等に在籍している0~2歳児クラスの児童について、第2子の保育料の無償化と年収約360万円以上の世帯についても多子軽減の所得制限の撤廃を予定しているところです。
 また、3~5歳児クラスの保育料につきましては、無料です。
お子様がひとりであっても、子育てには様々な経済的負担が生じ、ご苦労いただいている保護者の方も多いと存じますが、本市としましても限られた財源の中、保護者の負担軽減に努めているところでございますので、ご理解をお願いいたします。

担当部署(電話番号)

こども青少年局 幼保施策部 幼保企画課
(電話番号:06-6208-8106)

対応の種別

説明

受付日

2024年3月14日

回答日

2024年3月28日

公表日

2024年5月31日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • Xでポストする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない