ページの先頭です

市民活動団体との協働推進における区役所職員のコンプライアンス上の留意点

2017年12月1日

ページ番号:417722

 本市の職員は、大阪市職員基本条例(以下「基本条例」という。)、大阪市職員倫理規則(以下「倫理規則」という。)の規定に基づき、市民の疑念や不信を招かないよう職務を行わなければならず、利害関係者との関係においては、一定の行為を禁止しています。

 また、公正契約職務執行マニュアル(以下「マニュアル」という。)では、契約関係にある事業者(関係業者等)との関係において、「『運用指針』によると、職員が自らの飲食代など実費を負担している限り、供応接待には当たらず倫理規則に抵触しないとしているが、このマニュアルにおいては禁止している」ことなど、本市職員のより厳格な対応を求めています。

 一方、地域活動協議会(以下「地活協」という。)及びその構成団体をはじめとした、地域活動(市民活動)の実施主体となる市民活動団体は、区役所と契約関係になりうるという点では事業者としての側面を持つが、地域活動の実施主体であり、区役所にとってはまちづくりのパートナーとしての側面も有していることから、マニュアルを厳格に適用すると、区政運営に支障がでることが想定されます。

 このため、区役所職員が、業務上、又は業務外(任意)において、市民活動団体と接する際の具体的な事例を抽出し、それぞれの場面において、運用指針及びマニュアルを踏まえ、区役所職員が遵守すべきコンプライアンス上の留意点(以下「本留意点」という。)を次のとおり明確にします。

 市民の皆様におかれましては、本留意点の運用にあたり、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

 

区長会議

 

市民活動団体との協働推進における区役所職員のコンプライアンス上の留意点

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 市民局区政支援室地域力担当企画連携グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話:06-6208-7305

ファックス:06-6202-7073

メール送信フォーム