ページの先頭です

民間ネット調査「人権行政について」(令和元年10月実施)の結果

2020年3月16日

ページ番号:489444

調査概要

調査の目的

(1)「人権が尊重されるまち」指標について

 大阪市では、平成21年2月に策定した「大阪市人権行政推進計画~人権ナビゲーション~」に基づき、市民が「人権が尊重されるまち」になったと実感できる、住んでよかったと誇りを持って語れる「国際人権都市大阪」をめざして、施策を推進しています。

 本計画に基づく取組みにより、市民の皆様に大阪市がどれだけ「人権が尊重されるまち」に近づいているか実感していただくため、本市の進める施策・事業等について、人権の視点に着目して、関連の深い項目をとりまとめ、その進捗状況や達成目標をわかりやすく示した「人権が尊重されるまち」指標を平成23年10月に策定し、以後毎年度、指標の改訂・公表を行っています。

(2)大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例について

 大阪市では、人種や民族に関して、人としての尊厳を傷つけ、社会に差別意識を生じさせるような言動である「ヘイトスピーチ」を許さないという認識のもと、啓発活動に取り組むとともに、平成28年7月1日より、市民の人権擁護と「ヘイトスピーチ」の抑止を図るため、「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」を全面施行し、ヘイトスピーチと認定した案件についての公表や拡散防止の措置に取り組んでいます。

これらの2つの項目について、市民意識を把握し、今後の参考とするため調査を実施しました。

回答者数

 500人(18歳以上の大阪市民を対象)

調査結果

令和元年度民間ネット調査報告書「人権行政について」

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

調査結果の概要

問1 あなたは、「人権」について感心がありますか。

  • 「関心がある」「少し関心がある」と答えた人の合計の割合は、61.4%
  • 「関心がない」「どちらかといえば関心がない」と答えた人の合計の割合は、38.6%

問2 あなたは、「大阪市は市民一人ひとりの人権が尊重されているまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、55.8%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、44.2%

問3 あなたは、「大阪市は男性・女性がともに、仕事や家事、地域での活動に参加し、その個性と能力を十分に発揮できるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、51.8%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、48.2%

問4 あなたは、「大阪市は配偶者・パートナー等からの暴力(DV)の相談が受けられ、安心して暮らせるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、49.2%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は50.8%

問5 あなたは、「大阪市はこどもが各々の個性を発揮し、夢や目標に向かって、いきいきと暮らせるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、53.2%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、46.8%

問6 あなたは、「大阪市は子育て家庭が安心してこどもを産み育てられるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、53.2%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、46.8%

問7 あなたは、「大阪市は高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、57.6%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、42.4%

問8 あなたは、「大阪市は高齢者が様々な活動の場に恵まれ、社会参加を通じ、生きがいを持って暮らせるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、53.2%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、46.8%

問9 あなたは、「大阪市は障がいのある人が就労の機会に恵まれ、自立した生活を営めるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、45.0%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、55.0%

問10 あなたは、「大阪市は障がいのある人が様々な生活相談ができ、安心して生活を営めるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、46.0%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、54.0%

問11 あなたは、「大阪市は同和地区(※)であることを理由に住居や学校を選択する際に避けたり、同和地区出身者が結婚や就職などの際に不利な扱いを受けることのない、差別のないまちである」と思いますか。

(※)「同和地区」とは、「地域改善対策特定事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」(地対財特法)に基づき、同和問題(部落差別)の解決に向け実施された地域改善対策の対象地域として指定された地域でありますが、平成14(2002)年3月に「地対財特法」は失効し、事業はすでに終了しています。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、51.6%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、48.4%

問12 あなたは、「大阪市は外国籍住民が地域社会の一員として、様々な相談や情報提供を受けることができるなど、充実した生活が営めるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、58.0%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、42.0%

問13 あなたは、「大阪市は事業者の持つ市民の個人情報が保護され、適切に取り扱われているまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、55.0%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、45.0%

問14 あなたは、「大阪市は犯罪被害者やその家族が再び平穏に暮らせるようになるために、地域の人々の理解や協力が得られるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、42.0%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、58.0%

問15 あなたは、「大阪市はホームレス状態にある人が自立して再び地域社会の中で生活を営めるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、37.2%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、62.8%

問16 あなたは、「異性に恋愛感情をもつことや、自分の性別に違和感をもたないことが普通であり、そうでない人は理解できない」という考え方についてどう思いますか。

(※)LGBTとは、「L」はレズビアン(女性同性愛者)、「G」はゲイ(男性同性愛者)、「B」はバイセクシュアル(両性愛者)、「T」はトランスジェンダー(身体の性に違和感をもつ人)の頭文字をとった略語。トランスジェンダーは、生物学的な性(からだの性)と性の自己意識(こころの性)が一致しない人のことです。性のあり方が多数派とは異なる面がある人々のことを総称して性的少数者(性的指向、性自認に関するマイノリティ)といいます。

  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、54.6%
  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、45.4%

問17 あなたは、「同性に恋愛感情をもつことや、身体上の性と異なる性になりたいと思うことは人それぞれであり、性の多様性を尊重すべきである」という考え方についてどう思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、65.0%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、35.0%

問18 あなたは、あなたの周りの人から、自分が同性愛者や性同一性障がいであることなどを打ち明けられたら抵抗を感じると思いますか。

  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、61.6%
  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、38.4%

問19 あなたは、同性愛者や性同一性障がいの人等、性的少数者が置かれている状況を理解し、自分らしく生きることを支援したいと思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、65.8%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、34.2%

問20 あなたは、ここ1~2年の間で、「LGBT」「性的少数者」に関する差別的な言動を受けたり、身の回りで見聞きしたりしたことはありますか。

  • 「ある」と答えた人の割合は、15.0%
  • 「ない」と答えた人の割合は、68.8%
  • 「わからない」と答えた人の割合は、16.2%

問21 あなたは、「大阪市はLGBTなどの性的少数者の人が差別を受けることなく、自分らしく生きることができるまちである」と思いますか。

  • 「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人の合計の割合は、50.4%
  • 「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた人の合計の割合は、49.6%

問22 大阪市では、「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」を制定し、「ヘイトスピーチ」の抑止を図る取組を行っています。あなたは、この条例または大阪市が「ヘイトスピーチ」についての取組を行っていることを知っていますか。

  • 「知っている」と答えた人の割合は、47.4%
  • 「知らない」と答えた人の割合は、52.6%

問23 問22で「知っている」と回答した方におたずねします。条例または大阪市が「ヘイトスピーチ」についての取組を行っていることを何で知りましたか。(複数回答)

  • 「市のホームページ」と答えた人の割合は、23.6%
  • 「区役所等に設置のリーフレット」と答えた人の割合は、19.0%
  • 「テレビ・新聞等の報道」と答えた人の割合は、72.6%
  • 「家族・友人・知人から聞いた」と答えた人の割合は、10.1%
  • 「その他」と答えた人の割合は、4.6%

主な「その他」のご意見

  • インターネット、SNS
  • 駅等のポスター

問24 あなたは、人種や民族に関して、人としての尊厳を傷つけ、社会に差別意識を生じさせるような言動である「ヘイトスピーチ」を許してはならないと思いますか。

  • 「そう思う」と答えた人の割合は、56.4%
  • 「そう思わない」と答えた人の割合は、14.2%
  • 「わからない」と答えた人の割合は、29.4%

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 市民局ダイバーシティ推進室人権企画課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話:06-6208-7611

ファックス:06-6202-7073

メール送信フォーム