ページの先頭です

二酸化炭素消火設備が設置された建物の関係者の皆様へ

2023年1月12日

ページ番号:580814

二酸化炭素消火設備が起動した際には、すみやかに滞在者を避難させてください

 二酸化炭素消火設備の起動時に、防護区画(消火を対象とする区画のこと)以外の場所に、高濃度の二酸化炭素が漏えいする事案が発生しました。

 高濃度の二酸化炭素は人体に危険を及ぼします。消火設備が起動したとき、速やかに避難行動に移るなど、日ごろからの備えを万全にしてください。

壁などで区画がなされていても、目地部分などから漏えいする場合があります!

ALCパネルの目地部分を紹介した画像

すき間のある、ALCパネルの目地部分

日頃からの3つの備え

・建物を利用する方に、二酸化炭素消火設備の設置場所や消火ガスの危険性を理解してもらう。

・二酸化炭素消火設備が起動した場合は、館内放送などで注意を促し、火災室以外の人も安全な屋外に避難させる。

・放出ガスの排出方法の手順が分かるように、関係する資料を備えておく。

二酸化炭素消火設備が設置された建物の関係者の皆様へ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 消防局予防部規制課

住所:〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)

電話:06-4393-6242

ファックス:06-4393-4580

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示