ページの先頭です

「平成24年度における職員等の公正な職務の執行の確保に関する条例の運用状況」の公表の誤りについて (お詫び)

2017年1月27日

ページ番号:226637

 平成25年5月31日付け大阪市告示第737号で条例の運用状況を公表いたしましたが、公表内容に誤りがあり、当該記載部分に関わる学校、地域関係者の方々をはじめ市民の皆様、とりわけ当該学校の生徒と保護者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、公益通報制度や市政に対する市民の皆様の信頼を大きく損ねてしまいましたことを、心からお詫び申し上げます。

 

 本件についての概要、原因および再発防止措置につきましては、次のとおりです。

【概 要】

・ 条例の運用状況を公表し、「1 公益通報制度」の「(7) 不適正な事実が確認されたが、是正措置等がなされたものの例」の一つとして、次のとおり掲載しました。

カ 教員が勤務先である学校内にソファ、冷蔵庫、テレビ等を持ち込み、ほとんど毎週末、生徒と麻雀をするとともに、月に数回程度宿泊していたことが確認されたため、当該教員に対して厳重に注意し、即刻やめるよう指導した。

・ しかしながら、調査結果の表現と齟齬する内容、不正確な表現などがございましたため、6月5日に一部を訂正した後、同月19日に大阪市公正職務審査委員会(以下「委員会」といいます。)の意見書に基づき、次のとおり再訂正いたしました。

カ 教員が勤務先である学校内において、月に数回程度宿泊していたことが確認されたため、学校長が当該教員に対して注意し、即刻やめるよう指導した。

 

【原 因】

 本件通報に対しては、校長からの聞き取り内容から既に改善措置がとられていることが認められたため、引き続きの対応を学校に委ねることとして、処理を終了したにもかかわらず、公表担当者は誤って本件調査報告書の記載を確認された事実として公表文案に用い、また、「教え子」を「生徒」と書き換えてしまいました。

 さらに、公表文案に関する監察部内のチェック機能が働かなかったことにより、当該文案がそのまま公表されました。

 

【再発防止措置】

・  公表に際しては、公表文案作成者以外の調査担当者等による公表内容の確認、調査結果報告書との照合などを徹底してまいります。

・  調査に当たっては、事案に応じて適切に、通報指摘事実の存否の確認に不可欠な関係者からの直接の聞き取り調査を行うとともに、原則として聞き取った内容をその場で本人に確認することとし、作成経緯が分かる客観的な調査記録の作成保管を徹底してまいります。

・  調査報告書や委員会審議資料において、関係者へ確認したかどうか、さらには委員会審議の進捗度合いが明確になるように所定の様式を定めることで、事実の認定状況が明らかになるように改善いたします。

ダウンロードファイル

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 総務局監察部監察課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所地下1階)

電話:06-6208-7448

ファックス:06-6208-0270

メール送信フォーム