ページの先頭です

水質基準について

2017年1月27日

ページ番号:14774

水質基準について

きれいな水のイメージ

 水道法第4条に基づく水質基準は、「水質基準に関する省令(平成15年5月30日厚生労働省令第101号)」により定められ、同法第20条により、水道事業者に対して「水質基準項目」に関する水質検査の義務が課されています。また「水質基準項目」の他にも、水質管理上留意すべき項目を「水質管理目標設定項目」と位置づけ、必要とする項目について検査するとともに、新たな情報・知見の収集に努めることとされています。
 平成26年4月1日から、「水質基準項目」は51項目、「水質管理目標設定項目」は26項目となり、農薬類として120種類がリストアップされています。
 水質基準に関する詳細な情報は厚生労働省のホームページにも掲載されています。(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/kijun/index.html別ウィンドウで開く)

(1)水質基準項目

 水質基準項目は、水道法第4条に基づき、安全性を十分に考慮して人の健康に影響が生じない、あるいは水道水としての生活利用上障害が生じるおそれのない水準として、水質基準値が定められています。

詳しくは、こちらをご覧ください

  • 水質基準項目(PDF形式, 205.12KB)

    日本水道協会「水道用語辞典」及び厚生労働省「水質基準の見直しに係る検討対象項目(化学物質)根拠資料一覧」等を参考にして作成しました。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

(2)水質管理目標設定項目

 水質管理目標設定項目は、毒性の評価が暫定的で水質基準とされなかった項目や、水道水中の検出レベルは高くないものの、水質管理上注意喚起すべき項目として、26項目が設定されています。

詳しくは、こちらをご覧ください

  • 水質管理目標設定項目(PDF形式, 164.55KB)

    日本水道協会「水道用語辞典」及び厚生労働省「水質基準の見直しに係る検討対象項目(化学物質)根拠資料一覧」等を参考にして作成しました。なお、水質管理目標設定項目の項目番号4番、6番、7番及び11番は欠番となっています。

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局工務部水質試験所

〒533-0024 大阪市東淀川区柴島1丁目3番14号(柴島浄水場内)

電話:06-6815-2365

ファックス:06-6320-3259

メール送信フォーム