ページの先頭です

水道料金の仕組みと料金表(平成30年4月~)

2019年8月30日

ページ番号:321790

 下記については水道料金の説明です。下水道使用料についてはこちら。一般のご家庭等については水道料金と下水道使用料を併せて請求させていだだいております。

水道料金の種類

 用途(一般用、業務用、湯屋用)によって異なります。

水道料金の基本料金

 基本料金として一律850円(税抜)をいただきます。

水道料金の従量料金

 1立方メートルから使用水量に応じて料金をいただきます。下記料金表のように使用水量の増加に応じて水量区画ごとの単価が高くなる仕組み(=逓増制)を採用しています。

水道料金表(1か月につき)

 平成27年10月1日改定

 料金は次表に定めるところにより算定した金額に100分の108を乗じて得た金額

 令和元年10月1日からの消費税率引き上げに伴い、令和元年11月分の請求から水道料金・下水道使用料を次のとおり改定いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 料金は次表に定めるところにより算定した金額に100分の110を乗じて得た金額

水道料金表(1か月につき)
基本料金従量料金
用途1立方メートルにつき
850円一般用1立方メートル~10立方メートル:10円
11立方メートル~20立方メートル:97円
21立方メートル~30立方メートル:124円
31立方メートル~50立方メートル:168円
51立方メートル~100立方メートル:230円
101立方メートル~200立方メートル:293円
201立方メートル~1,000立方メートル:342円
1,001立方メートル以上:358円
業務用1立方メートル~10立方メートル:10円
11立方メートル~30立方メートル:209円
31立方メートル~50立方メートル:285円
51立方メートル以上:358円
湯屋用1立方メートル~10立方メートル:10円
11立方メートル以上:58円

用途の適用基準

一般用

 業務用及び湯屋用の用途以外の用に供するもの(家庭用、工場用等)

業務用

  1. 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第1号から第3号までの各号の一に該当する営業の用に供するもの(バー、キャバレー等)。ただし、小規模なものを除く。
  2. 噴水、泉池、滝等鑑賞の用に供するもの
  3. 湯屋用に該当するもの以外の公衆浴場の用に供するもの
  4. 臨時の用に供するもの
  5. その他これらに類するものの用に供するもの

湯屋用

 入浴料金の統制額の適用を受ける公衆浴場の用に供するもの

 

ご使用開始・中止時の料金計算について

ご使用開始時の料金

 ご使用開始日から最初のメータ検針日までの日数をもとに計算月数とご使用水量により料金計算を行い、お支払いいただきます。

  • ご使用日数が15日以下の場合 計算月数 0.5か月
  • ご使用日数が16日以上の場合 計算月数 1か月 

ご使用中止時の料金

 前回メータ検針日の翌日から中止日までの日数をもとに計算月数とご使用水量により料金計算を行い、お支払いいただきます。

  • ご使用日数が15日以下の場合 計算月数0.5か月
  • ご使用日数が16日以上の場合 計算月数1か月

(注)お客さまの住所(水道のご使用場所)から、水道メーターの検針日及びお支払い期限等が検索できます。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部お客さまサービス課お客さまセンター

電話:06-6458-1132

ファックス:06-6458-2100

メール送信フォーム