ページの先頭です
メニューの終端です。

自転車に乗るときは交通ルールとマナーを守りましょう!

2020年4月7日

ページ番号:493007

大阪府内の自転車が関連する交通事故は依然として全国で最も多く発生しており、全交通事故の約3割を占めています。

特に、自転車相互の事故や自転車と歩行者の事故の発生件数が増加しています。

自転車は「くるま」の仲間です。

自転車に乗るときは、交通ルールとマナーを守り、安全な運転を心がけましょう。

また、自動車・バイクの運転者や歩行者も自転車の交通ルールを知って、お互いを思いやることで交通事故のない安全なまちづくりをすすめましょう。


自転車安全利用五則

自転車安全利用五則は、自転車に乗るときに守るべき交通ルールのうち、特に重要なルールです。

自転車ルールについては、市民局ホームページ(交通死亡事故をなくしましょう)もご覧ください。

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。したがって歩道と車道の区別があるところは車道通行が原則です。

2.車道は左側を通行

自転車は、道路の左端に寄って通行しなければなりません。

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道では、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません。

4.安全ルールを守る

  • 飲酒運転は禁止
  • 二人乗りは禁止
  • 並進は禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 信号を守る
  • 交差点での一時停止と安全確認

5.子どもはヘルメットを着用

児童・幼児の保護責任者は、児童・幼児に乗車用のヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

自転車運転者講習制度(大阪府警察)について

平成27年6月1日から改正道路交通法が施行され、自転車の運転に関して、悪質・危険な行為(信号無視など)の指導取締りが強化されました。

また、一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された悪質自転車運転者は、公安委員会から「自転車運転者講習」の受講を命じられます。

詳しくは、市民局ホームページ(「自転車運転者講習制度」について)をご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 地域課

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所3階)

電話:06-6694-9840

ファックス:06-6692-5535

メール送信フォーム