ページの先頭です

全市的な未収金対策の取組みについて

2019年8月20日

ページ番号:209587

概要(説明)

 歳入及び市民負担の公平性・公正性確保のため、「新たな未収金を極力発生させない」「既存未収金の解消」の2本柱で全市的な未収金対策に取り組んでいます。

発端(きっかけ)は何?

 市政改革マニフェストにおいて「未収額の圧縮に向けた取組の強化」を掲げ、未収金の実態把握を行うとともに全市的な取組みを進めていくこととしました。

寄せられたご意見

 ※まだご意見はいただいておりません

今後の予定は?

 令和2年8月上旬頃、第26回大阪市債権回収対策会議を開催します
 ※ その他、おおむね3ヵ月ごとに未収金の状況をホームページにて公表しています

どこまで進んでいるのか?

未収金の状況

 平成19年度決算     796億円                                                                                   
 平成20年度決算     771億円(△25億円)
 平成21年度決算     752億円(△19億円)
 平成22年度決算     700億円(△52億円)
 平成23年度決算     660億円(△40億円)
 平成24年度決算     620億円(△40億円)
 平成25年度決算     580億円(△40億円) 
 平成26年度決算     552億円(△28億円) 
 平成27年度決算     511億円(△41億円) 
 平成28年度決算     478億円(△33億円)
 平成29年度決算     442億円(△36億円)                                                                                  
 平成30年度決算見込  403億円(△39億円) 

全市的な目標額

 令和元年度末未収金残高   393億円以下 (平成30年度決算見込未収金403億円)
         うち現年度分   135億円以下 (平成30年度決算見込未収金138億円)
            過年度分   258億円以下 (平成30年度決算見込未収金265億円)

※第25回大阪市債権回収対策会議(令和元年8月7日開催)において、令和元年(平成31年)度末の目標を413億円から393億円に修正

これまでの経過

   平成20年3月  大阪市未収債権管理事務取扱規則を制定

   平成20年4月  第1回大阪市債権回収対策会議を開催
                    (副市長を議長として毎年1回~2回を基本に継続して開催)
            市債権回収特別チームを設置

   平成24年8月  市債権回収対策室を設置

   平成27年8月  平成29年度末までの中期的な目標を設定 

   平成30年2月  平成31年度末までの中期的な目標を設定 

   令和元年8月  令和元年(平成31年)度末の目標を413億円から393億円に修正

            令和2年度末の目標を設定
 

会議の実施状況

第1回から第25回まで大阪市債権回収対策会議を実施。
※クリックしていただくと、会議資料等がご覧いただけます。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 財政局税務部収税課市債権回収対策室(市債権管理グループ)

住所:〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目2番2号700(大阪駅前第2ビル7階)

電話:06-4797-2934

ファックス:06-4797-2684

メール送信フォーム