ページの先頭です

京橋市税事務所支援チーム要綱

2018年12月26日

ページ番号:331466

(設置)

第1条 突発的・緊急的に発生する業務や、繁忙期に一時的に大量発生する業務に対応するため、他業務担当の職員が臨時的に応援できる体制を確立し、問題の解決・業務の円滑な推進ができるよう、京橋市税事務所に「京橋市税事務所支援チーム」を設置する。

 

(組織)

第2条 京橋市税事務所支援チームは、京橋市税事務所長(以下「所長」という。)直轄の組織とし、経験担当支援メンバー(入力支援含む)、および未経験担当支援メンバー(入力支援除く)にて構成する。

 

(支援メンバーの任命)

第3条 各支援メンバーは、本人からの希望を基に所長が決定し、年度ごとに任命する。

2 所長は、年度途中であっても、本人からの希望がある場合、随時各支援メンバーに追加することができる。

 

(支援の要請)

第4条 各担当課長は、突発的・緊急的な業務が発生した場合や、繁忙期に一時的な大量業務が発生した場合、支援の必要な時期・期間・応援業務内容・応援人数等の内容を明記した書面を作成し、管理担当係長(以下「管理係長」という。)を通じて提出することにより、所長に対し支援の要請を行うことができる。

 

(支援の決定)

第5条 所長は、各担当課長より支援の要請があった場合、応援の必要性や応援内容の検討を行い、必要性に応じて支援の決定を行う。

 

(支援メンバーの選出)

第6条 管理係長は、所長より支援の決定がされた場合、支援メンバーの派遣元となる担当と業務等の調整を行い、支援メンバーを選出する。

 

(業務の兼務命令)

第7条 所長は、支援メンバーが選出された後、業務の兼務命令を行う。

 

(京橋市税事務所連絡会への報告)

第8条 支援を受ける各担当課長は、その事前もしくは事後に、時期・期間・応援業務内容・応援人数等の内容について、京橋市税事務所連絡会に報告を行わなければならない。

 

(人材の育成)

第9条 各担当課長は、担当内にて実施する研修の内容を確認し、必要に応じて他担当の支援メンバーに受講させるよう、努めなければならない。

2 各支援メンバーは、業務に支障の生じない範囲で上記研修を受講すること等により、知識の保存と新たな制度の習得に努め、即戦力になれるようにしなければならない。

 

(庶務)

第10条 京橋市税事務所支援チームの庶務は、管理担当において処理する。

 

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか、京橋市税事務所支援チームの運営に関し必要な事項は、所長が定める。

 

附則

当該要綱は平成26年10月31日から施行する。

 

附則

この改正要綱は、平成27年11月5日から施行する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 財政局京橋市税事務所【担当区】都島区、旭区、城東区、鶴見区管理担当

住所:〒534-8502 大阪市都島区片町2丁目2番48号(JEI京橋ビル4階)

電話:06-4801-2948

ファックス:06-4801-2905

メール送信フォーム