ページの先頭です

栄養バランスに配慮した食事

2014年3月11日

ページ番号:15992

「食事バランスガイド」を活用しましょう!

 食事バランスガイドは、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかがわかる食事の目安です。主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物の5グループの料理や食品をバランスよくとれるよう、「コマ」のイラストでわかりやすく示したものです。下のコマのイラストに示した料理を組合わせると、おおよそ2,200kcal(ほとんどの女性・一日中座位で仕事をしている運動習慣のない男性)の1日分の献立を構成する事ができます。
食事バランスガイドの説明

食事バランスガイドについて

1日3食、主食・主菜・副菜をそろえましょう

食事を作ったり選んだりする時に、主食・主菜・副菜を組み合わせると、栄養面をはじめ、見た目にもバランスのよい食事になります。

組み合わせの説明

できることからはじめよう!

◆朝食を必ず食べる。
◆外食は単品料理より定食を選ぶ。
◆たくさんの種類の食品を食べる。
◆欠食せず、朝・昼・夕の3食をできるだけ決まった時間に食べる。

第2次大阪市食育推進計画の目標

【栄養バランス等に配慮した食生活を送っている市民の割合の増加】

◆現状値(平成23年度)67.0% → 目標値(平成29年度)70%以上

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部健康づくり課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9961

ファックス:06-6202-6967

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示