ページの先頭です

40.鶴満寺(かくまんじ)

2018年12月4日

ページ番号:9972

北区長柄東-丁目3-1

地下鉄谷町線・地下鉄堺筋線「天神橋筋六丁目」下車
東約300m

 

 奈良時代の創建といわれ、宝暦(ほうれき)3年(1753)当地に移った。境内は桜の名所であったが、明治18年淀川の氾濫で枯死した。当寺の釣鐘は太平10年(中国年号、1030)在銘の朝鮮銅鐘である。高麗時代初期の名品で重要文化財の指定をうけている。日本に渡来の経緯は不明であるが、毛利藩の土木工事中に山口県で発見され、鶴満寺に寄進された。このほか当寺には、鎌倉時代末の作という千手観音画像がある(大阪府有形文化財)。

「鶴満寺」の写真

 

周辺地図へ

 

中之島・鶴見コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示