ページの先頭です

46.川崎東照宮(かわさきとうしょうぐう)跡

2018年12月4日

ページ番号:9987


北区天満-丁目24 滝川小学校前

市バス「東天満」下車 東約150m

 

 大坂夏の陣(元和(げんな)元年、1615)後、大坂城主となった松平忠明(ただあきら)が元和3年建立した。徳川家康はこの前年没して、徳川家ゆかりの各地に東照宮を建てており、とくに大坂では豊臣氏への思慕の念を払拭するねらいももっていた。毎年4月17日の忌日前後5日間は権現(ごんげん)祭が催され、市内随一の祭日になった。大塩の乱で焼失復興したが、戊辰戦争のときは長州藩の本営にもなった。明治6年廃絶、神輿(みこし)蔵と石灯籠は天満宮境内に現存する。

「川崎東照宮跡」の写真

 

周辺地図へ

 

中之島・鶴見コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示