ページの先頭です
メニューの終端です。

病児・病後児保育事業

[2016年4月1日]

詳細
制度名病児・病後児保育事業
内容病気の回復期で保育所などに通うことができず、また保護者の仕事の都合等で家庭での保育が困難な場合、お子さんをお預かりします(病後児保育施設)。回復期に至らないお子さんをお預かりできる施設もあります(病児保育施設)。
対象大阪市内にお住まいで小学校に就学するまでのお子さん(小学校6年生までのお子さんをお預かりできる実施施設もあります。詳しくはこちら(病児・病後児保育事業実施施設)をご覧ください。)
利用料(日額)
生活保護・市民税非課税世帯 無料
所得税非課税世帯 1,200円(ひとり親世帯の方は600円)
所得税課税世帯 2,500円(ひとり親世帯の方は1,200円。ただし、児童手当の所得制限限度額を超えている方は2,500円)
※別途、食事費等の実費負担があります。
※時間延長を実施している施設については、時間延長30分まで毎に200円の時間延長利用料が必要となります。時間延長利用料には減免はありません。
※利用料の減免を適用するには、別途証明書類の提出が必要となります。必要な書類については、「病児・病後児保育事業利用料金の減免について別ウィンドウで開く」をご確認ください。
手続き

利用を希望する施設で事前に利用登録をし、利用の際には利用登録をした実施施設で利用申請手続きをしてください。(お子さんの体調によってはお預かりできない場合もありますので、事前に実施施設にご相談ください。)
病院・診療所併設ではない実施施設では、利用前にかかりつけ医等に受診し、医師連絡票を作成していただく必要があります。医師連絡票は実施施設で配付しているほか、こちら(医師連絡票)別ウィンドウで開くからダウンロードしていただけます。

問い合わせ先

実施施設または、
こども青少年局子育て支援部管理課子育て支援グループ
  電話:06-6208-8111~2
  Fax:06-6202-6963

病児・病後児保育事業の実施施設については、こちら(病児・病後児保育事業実施施設)をご覧ください。

都島区・中央区・東成区・生野区・旭区・城東区・鶴見区・阿倍野区・東住吉区・平野区で実施している訪問型病児保育モデル事業については、こちら(訪問型病児保育モデル事業)をご覧ください。

病児・病後児保育事業利用料金の減免について

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

医師連絡票

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

このページの作成者・問合せ先

大阪市こども青少年局子育て支援部管理課子育て支援グループ

住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話: 06-6208-8111 ファックス: 06-6202-6963

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]