ページの先頭です

建築基準法上の道路種別と道路判定等

2018年6月12日

ページ番号:12045

建物の敷地が接する道路について

 道路は建物を利用する上で必要なものであり、災害時の避難や消防活動のため、また安全で良好な市街地の環境のため、建築基準法では、建物の敷地は原則として「建築基準法上の道路」に2m以上接していなければならない旨が規定されています。

 建築基準法上の道路は、種別によって取扱いが異なりますので、建物を建築・購入等される方は、この道路種別を調査することが重要です。

道路種別の調査

道路種別地図情報

 大阪市では、建築基準法上の道路種別情報を『マップナビおおさか』で公開しています。

『マップナビおおさか』 スマートフォン・タブレット用 2次元コード

『マップナビおおさか』はスマートフォン・タブレットでもご利用いただけます。(2次元コード)

 建物の敷地に面する道路が、建築基準法上の道路かどうか、またその種別について、確認することが出来ます。 ご利用になられる前に、利用規約をご確認ください。

 本サービスは、建築基準法の規定による道路(以下、「道路」という。)の位置を種別毎に色分けして表示したものです。凡例をご覧いただき確認してください。

 本サービスで提供する地図情報は、地形図上での位置を示すものであり、正確な道路幅、境界位置、始終端位置等、形状を示しておりません。また、データ入力上の誤差を含んでおり、道路(道路法上の道路や指定道路図等)の内容を明示・証明するものではありませんので、各種申請資料や各種証明資料等として使用はできません。参考図としてご利用ください。

 2種類以上の着色のある道路や道路種別の表示がない道路、または、現場調査の結果、道路法上の道路の幅と現況幅が一致しない場合などは、道路判定が必要となる場合がありますので、以下の道路判定の窓口にご相談ください。

 指定道路の追加指定・廃止等に伴い、加除修正を行う場合があります。また、敷地統合等による道路の経年変化に対応できていない場合があります。マップナビおおさかでご覧になる道路種別地図情報のデータ更新はおよそ1年毎です。

 道路(道路法による道路、開発道路、位置指定道路等)の新設、変更、廃止情報は、大阪市公報に掲載します。

建築基準法上の道路の種別

道路の種別(一覧)
条文道路の種類実例関係法例

道路幅4メートル以上のもの

42条1項1号

道路法による道路

国道、府道、市道のみで構成された道路幅4m以上の道路

 
42条1項2号都市計画法、土地区画整理法、旧住宅地造成事業法又は都市再開発法等による道路都市計画として決定される都市計画事業・土地区画整理事業等により築造された道路 
42条1項3号法施行の際すでにあった道都市計画区域の決定を受けたとき(建築基準法、施行の日にすでに都市計画区域の指定を受けていた区域については建築基準法施行の日)に現に存在する道路幅4m以上ある道昭和45年10月6日住街発1039号
42条1項4号道路法、都市計画法、土地区画整理法又は都市再開発法等で2年以内に事業が執行される予定のものとして特定行政庁が指定したもの実際には道路としての効用はまだ果たしてなく、2年以内にその事業が執行されるものとして特定行政庁が指定したもの 
42条1項5号土地を建築物の敷地として利用するため、政令で定める基準に適合する私道を築造し、特定行政庁から指定を受けたもの道の基準は政令で定めるほか、土地の状況等により各特定行政庁で政令と異なる基準を定めることができる(位置指定道路)(道に関する基準)
建築施行令144の4
(自動車の転回広場)
昭和45年建告1837
(道路の位置指定申請)
建築基準法施行規則9条
(道路の位置指定の告示及び通知)
建基法施行規則10
大阪市建基法施行条例4条
同細則12条、13条
道路幅4メートル未満のもの42条2項法施行の際、現に建物が立ち並んでいた道路幅4m未満の道で特定行政庁が指定したもの道路の中心線から2mの線をその道路の境界線とみなす。但し道路の片側が、がけ地、川、線路等に沿ってある場合は道路の反対側から一方後退4mの線を道路の境界線とみなす昭和26年1月24日大阪府告示第36号
附則5項市街地建築物法第7条但書きによって指定された建築線で、その間の距離が4m以上のもの道路法による道路のみで構成された道路幅4m未満の道路 

ご注意

 道路種別については、重要事項説明書等の重要書類に記載する内容となり、錯誤が生じた場合の影響が大きいため、電話、ファックス、メール等の方法によるお問い合わせに対して、その証明になる回答は行っておりません。

  建築指導部内の道路参考図を直接閲覧して、照合されるようお願いいたします。

道路参考図の所在地

 大阪市役所3階 都市計画局 建築指導部内 3番窓口(道路判定)カウンター前

 所在地: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号

 閲覧時間: 平日 9:00 から 17:30 まで。

 

 

 

道路判定

道路判定を受けようとする方へ

 建築基準法では、道路幅4m以上の道を道路(建築基準法第42条第1項)として扱っていますが、法施行の際、現に建物が立ち並んでいた道路幅4m未満の道も、特定行政庁の指定行為により、道路として扱えるようになっています。

 大阪市では、提出された資料をもとに建築基準法第42条のどの種別に該当する道路であるかを判定しています。

 詳しくは、道路判定の窓口にご相談ください。

提出書類

 付近見取り図、公図、現況図、道路境界明示書、官民境界明示書等お手持ちの資料。

対象者

 道路の判定を受けようとする方。

道路判定の窓口

 大阪市役所3階 都市計画局 建築指導部内 3番窓口(道路判定)

 所在地:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号

ご注意

 大阪市道などの道路法上の道路や、水路敷・下水道用地の管理のこと、大阪市道や都市計画道路・水路敷等の境界明示のこと、一般道路の拡幅、事業中の都市計画道路や事業計画についてのお問い合わせ先は、建設局になります。

 建設局所在地: 大阪市住之江区南港北2丁目1-10 ATCビル ITM棟6階

 

 

建築線

建築線の指定

 建築基準法において、建築物の高さや容積率にかかる制限は、道路境界線の位置や道路の幅が大きな要因となる場合があります。

  大阪市内には、土地の高度利用や都市基盤の整備等を目的にした建築線を指定している地域があります。

船場建築線

 船場建築線は、昭和14年4月4日(大阪府告示404号)に旧市街地建築物法第7条ただし書の規定に基づき指定したもので、現在は建築基準法第42条第1項第5号の規定による道路の境界線とみなされています。

 この結果、建築基準法に定められた道路斜線制限や容積率制限の算定時の道路境界線は、船場建築線が建築基準法上の道路の境界線とみなされます。 

 「建築線の位置」や「すみきり」については、船場建築線の指定状況図でお確かめください。

ダウンロードファイル

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

その他の建築線の指定

 建築線の指定区域(平野区加美、生野区巽、住吉区苅田・長居、東住吉区矢田・公園南矢田)。

 建築線の指定区域は、参考資料として『マップナビおおさか』からご覧いただくことができます。

『マップナビおおさか』 スマートフォン・タブレット用 2次元コード

『マップナビおおさか』はスマートフォン・タブレットでもご利用いただけます。(2次元コード)

建築線のお問い合わせ窓口

 大阪市役所3階 都市計画局 建築指導部内 3番窓口(道路判定)

 所在地:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号

 

 

道路の位置の指定(位置指定道路)について

 建築物を建築するには、建築基準法に基づき、敷地が道路に接していなければなりません。従って、敷地の分割等の関係で、道路に接していないような敷地が生じる場合には、市長から道路の位置の指定を受けて、道路を築造し、建築物を建築することができます。

申請しようとする方へ

申請について

 道路工事が完了し、大阪市の検査を受けた後、道路の位置の指定の申請ができます。 

 この申請に際しては、正副申請書2通に、それぞれ付近見取り図、地籍図、道路部分及び道路に接する敷地となる土地、建物の所有者及び権利関係者の承諾書の添付が必要です。

事前協議

 「道路の位置の指定」を受けようとする場合、道路工事の着手までに事前協議が必要です。

建築基準法上の道路の廃止の申請、変更の申請について

 建築基準法上の道路の廃止の申請および変更の申請については、申請方法などの詳細をご説明いたしますので、道路の位置の指定の窓口までお越しください。
道路の位置の指定申請手続きについて(手順)

対象者

 道路の位置の指定を受けようとする方。

道路の位置の指定の手続き

 事前協議、工事完了検査を経て、「道路の位置の指定申請書」を提出してください。

ご注意

 行政書士でない方が、業として他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類を作成することは、法律に別段の定めがある場合を除き、行政書士法違反となりますので、ご注意ください。

ダウンロードファイル

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

手数料

 道路の位置の指定の申請には、申請手数料が必要です。 

 申請手数料 金額 77,000円

大阪市道路位置指定基準について

 道路の位置の指定について、基準および詳細については「大阪市道路位置指定基準(PDF)」を参照してください。

ダウンロードファイル

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

位置指定道路図(法42条1項5号道路)について

 既存の位置指定道路図面を閲覧希望の方は、建築指導部備え付けの道路参考図から、位置指定年月日と指定番号をメモして、道路の位置の指定の窓口までお越しください。

道路の位置の指定の窓口

 大阪市役所3階 都市計画局 建築指導部内 3番窓口(道路判定)

 所在地:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

都市計画局 建築指導部 建築企画課(道路判定)
道路種別については、重要事項説明書等の重要書類に記載する内容となり、錯誤が生じた場合の影響が大きいため、電話、ファックス、メール等の方法によるお問い合わせに対して、その証明になる回答は行っておりません。
建築指導部内の道路参考図を直接閲覧して、照合されるようお願いいたします。
所在地:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)