ページの先頭です

生活保護の適正化(大阪市生活保護適正化連絡会議)

2019年1月14日

ページ番号:173912

概要(説明)

 

 大阪市では、「生活保護の適正執行の確保」の観点から、福祉局を担当する副市長以下、関係する部局で構成する「大阪市生活保護適正化連絡会議」(以下「連絡会議」という。)を設置し、生活保護制度をとりまく現状や課題を共有することによって、より効果的且つ効率的な制度運用の仕組みや手法について検討・協議を行っています。

具体的には、次の3つの対策を柱として生活保護の適正化に取り組んでいます。

【「生活保護の適正執行の確保」に向けた3つの柱】

・区における不正受給調査専任チームを中心とした不正受給対策

・生活保護費の約半分を占める医療扶助の適正化対策

・働ける方には働いていただく就労支援対策

このほか、連絡会議では、本市における現状や課題をふまえ、国に対する制度改革提案や要望につなげていくための検討も行っています。

発端(きっかけ)は何?

 平成20年秋以降の急激な景気の後退により、生活保護受給者が増加の一途をたどっている中、平成21年9月、市全体の共通の課題認識に立ち、生活保護に関する諸課題に取り組んでいくため、市長をトップとする全庁横断体制「生活保護行政特別調査プロジェクトチーム」(以下、「PT」という。)を設置しました。

 PTにおける検証を通じて、現行制度で実行可能な適正化策(不正受給対策や就労支援)に着実に取り組むとともに、大阪市が中心となり指定都市市長会、全国市長会として制度の抜本的改革を要望し、平成23年5月より「生活保護制度に関する国と地方の協議」が開催されるなどの成果が現われています。

 生活保護の適正な執行を確保していくため、PTの議論を通じて明らかにしてきた課題・問題点について、より効果的・効率的な手法や体制及び国への制度改革要望について、市全体で検討を進めるため、PTに変わり新たに「生活保護適正化連絡会議」を設置し、生活保護行政の適正化に向けた取り組みについて検証・検討を行っています。

今後の予定は?

生活保護適正化に向けた検討

・現状(被保護世帯の動向等)の把握

・各対策における取組の進捗管理

・現状や進捗をふまえた課題の抽出

・制度運用の仕組みや手法に関する検討

・生活保護法改正に向けた制度改革要望のとりまとめ

国への制度改革要望活動の実施

・ 制度改革要望の進捗管理

どこまで進んでいるのか?

生活保護適正化の取り組み状況

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局生活福祉部保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8012

ファックス:06-6202-0990

メール送信フォーム