ページの先頭です

認知症高齢者緊急ショートステイ事業を実施します

2019年6月1日

ページ番号:324189

 大阪市では、在宅の認知症高齢者等が、介護者の急病や葬儀への出席など突発的な事由により在宅生活が困難となった場合に、市内5カ所の福祉施設で一時的に受け入れを行う、認知症高齢者緊急ショートステイ事業を平成27年9月1日から実施しています。 

 本市では今後ますます増加する認知症高齢者の課題に対応するため、支援体制の構築をはじめ、「認知症になっても地域で安心して暮らせるまちづくり」をめざし、様々な施策の推進に取り組んでいりところです。その中で、課題の一つとして認知症高齢者の介護者への支援体制の構築が求められていますが、介護保険制度の短期入所生活介護(ショートステイ)は、利用希望者が多く、必ずしも緊急時にすぐ利用できないといった状況があります。

 そのため、当該事業を実施し、介護サービスを提供することで、認知症高齢者の地域での日常生活を継続するとともに、介護者の精神的負担感の軽減につなげ、家族支援を行います。

1 利用対象者及び利用条件

1 本市の区域内に住所を有する高齢者で、認知症及び認知症の疑いがある者を介護する者のうち、次の各号のいずれかの要件に該当する者とする。

① 介護者の急病や事故等により、当該介護者の他に利用対象者を介護する者がいない場合

② 介護者の家族が急病等により、当該介護者がその家族の介護を行う必要がある場合

③ 葬祭等緊急やむを得ない介護者の事情があり、当該介護者の他に介護する者がいない場合

④ 介護者の心身が疲労した状態にあり、一時的に利用対象者の在宅生活の継続が困難な状況となっている場合

2 認知症及び認知症の疑いがある独居高齢者等のうち、突発的な事情により、単独で在宅生活を継続することが困難な状況となり、他の介護保険サービス利用等の支援体制が整うまでの間、一時的に施設入所が必要な場合

3 罹災等不測の事態により、居宅に住むことができなくなった場合

4 前各号に掲げるもののほか、特に市長が必要と認める場合

 

上記の場合にかかわらず、利用対象者が次の各号のいずれかに該当する場合は、本事業を利用することができない。

① 感染性疾患を有する場合

② 入院加療を要する場合

③ 施設の他の利用者や職員に著しい迷惑を及ぼす恐れのある場合

2 利用施設

利用施設
施設名住所
永寿特別養護老人ホーム 大阪市平野区瓜破南1-2-11
特別養護老人ホーム江之子島コスモス苑 大阪市西区江之子島1-8-44
特別養護老人ホームジュネス 大阪市東淀川区東淡路1-4-49
特別養護老人ホーム白寿苑 大阪市西成区南津守7-12-32
介護老人福祉施設ゆうわ 大阪市鶴見区諸口6-1-17

3 相談窓口

  • 介護保険認定を受けている方…居宅介護支援事業所(要介護1~5)又は地域包括支援センター(要支援1、2)
  • 介護保険認定を受けていない方…地域包括支援センター

  介護保険認定を受けていない方は、同時に介護保険認定申請の勧奨を行います。

  月曜日から金曜日(12月29日~1月3日、祝日を除く)の9時から17時

4 利用期間

 原則として14日以内(※本事業利用後、利用対象者は在宅復帰を原則とします。)

5 利用料

  • 介護保険を利用できる方は、介護保険制度を利用した場合と同額
  • 介護保険の利用限度額を超えている方は、全額自己負担

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

福祉局 高齢者施策部 高齢福祉課
電話: 06-6208-8051 ファックス: 06-6202-6964
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)