ページの先頭です

生活保護における「民間住宅家賃等の代理納付」とは

2017年8月3日

ページ番号:404573

民間住宅家賃等の代理納付とは


 生活保護受給世帯が入居する民間賃貸住宅の家賃等を生活保護受給世帯に代わって保健福祉センターが家主に直接支払うことができる制度のことです。

代理納付の目的

  賃貸住宅に入居する生活保護受給世帯(住宅扶助を支給されている世帯)には契約内容に基づいて家賃額相当の住宅扶助費を現金支給しており、通常は一般の賃貸契約と同様に借主から貸主(家主)に家賃等が支払われています。

 代理納付は家賃等を滞納することによって、住まいを失うことがないよう、また家主の滞納リスクを解消することにより生活保護受給世帯の安定的な住まいを確保することを目的として設けられた制度です。

代理納付を利用するには

 代理納付制度をご利用にいただくには、個々の事情等を確認するために必要な書類を、保護の実施機関である大阪市内各区保健福祉センターへ提出していただく必要があります。

代理納付に関するご相談は

 代理納付に関するご相談は、生活保護受給世帯(借主)が居住している住所地を管轄する保健福祉センターの生活保護業務担当にて承ります。

「民間住宅家賃等の代理納付」とは?(印刷用)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局生活福祉部保護課保護グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8012

ファックス:06-6202-0990

メール送信フォーム