ページの先頭です

報道発表資料 「大阪市長杯2023世界スーパージュニアテニス選手権大会」のチケットをプレゼントします

2023年8月14日

ページ番号:605761

問合せ先:経済戦略局スポーツ部スポーツ課(06-6469-3880)

令和5年8月14日 14時発表

同時資料提供:関西運動記者クラブ

 大阪市は、令和5年10月9日(月曜日・祝日)から令和5年10月15日(日曜日)までITC靱テニスセンターにて開催される「大阪市長杯2023世界スーパージュニアテニス選手権大会」のシングルス準決勝及び決勝、ダブルス決勝の観戦チケットをプレゼントします。

 本大会は、世界で7大会しかない、「J500」にランク付けされているジュニアのテニス大会の1つであり、アジアでは唯一開催されている大会となります。今や世界への登竜門と言われており、大阪に未来のテニス界を担うジュニア選手達が集結し、熱い戦いを繰り広げます。

 本大会の詳細につきましては、大会ホームページ別ウィンドウで開くをご参照ください。

(注)ITFワールドテニスツアージュニアは13歳~18歳以下の選手で行われ、現在では140ヶ国で900大会以上のトーナメントが開催されています。大会のグレードはJ500を最高にJ300、J200、J100、J60、J30までの6グレードあり(グランドスラムは除く)、本大会はJ500大会となります。

募集定員

1,000組2,000人(令和5年10月14日(土曜日)、令和5年10月15日(日曜日)のお好きな一日に観戦可)

(注)応募が多数の場合は抽選となります。ただし、大阪市内に在住、在勤、在学されている方を優先とします。

応募方法

 令和5年8月14日(月曜日)14時から大阪市行政オンラインシステム別ウィンドウで開くで受付を開始します。

(注)

  • 大阪市行政オンラインシステムのご利用が初めての方は、新規登録をする必要があります。大阪市行政オンラインシステムトップページ別ウィンドウで開く右上の「新規登録」より登録してください。
  • 申込完了後、申込番号がメールで配信されます。申込内容照会及び抽選結果確認の際に必要となりますので、必ず控えてください。
  • 迷惑メール対策設定を行っている場合には、「@city.osaka.lg.jp」のドメインからのメールを受信できるように変更してください。
  • 申込内容に不備がある場合は落選としますので、申込みにあたってはご注意ください。
  • 申込みの際に入力いただく個人情報については、本大会の観戦者情報として、大会主催者と共有する場合がありますのでご了承ください。

応募締切

令和5年9月17日(日曜日)23時59分

当選発表

 令和5年9月25日(月曜日)16時までに、大阪市ホームページ「【令和5年9月17日申込締切】「大阪市長杯2023世界スーパージュニアテニス選手権大会」のチケットをプレゼントします」に当選者の申込番号及びチケット引換え方法等を掲載します。

大阪市長杯2023世界スーパージュニアテニス選手権大会概要

1 開催期間
令和5年10月9日(月曜日・祝日)から令和5年10月15日(日曜日)まで
2 会場
ITC靱テニスセンター(大阪市西区靱本町2-1-14
3 開始時間
  • 令和5年10月9日(月曜日・祝日)から令和5年10月14日(土曜日)まで:10時(予定)
  • 令和5年10月15日(日曜日):11時(予定)
4 種目
少年・少女シングルス、少年・少女ダブルス
5 入場料

令和5年10月9日(月曜日・祝日)から令和5年10月13日(金曜日)までは無料

令和5年10月14日(土曜日)、令和5年10月15日(日曜日)はセンターコートでのゲームのみ有料
前売券

大人1,200円、高校生以下500円

  • 小学生以下は、保護者の引率がある場合無料
  • 令和5年8月15日(火曜日)よりチケットぴあ、CNプレイガイド、e+(イープラス)、関西テニス協会等で販売
当日券

大人1,500円、高校生以下600円

  • 小学生以下は、保護者の引率がある場合無料
  • 会場窓口で発売
6 主催
大阪市、公益財団法人日本テニス協会
7 公認
国際テニス連盟(ITFジュニアサーキットJ500)
8 運営主管
関西テニス協会、大阪府テニス協会、大阪市テニス協会
9 後援

大阪市教育委員会、大阪府、大阪府教育委員会、公益財団法人大阪府スポーツ協会、一般財団法人大阪スポーツみどり財団、テレビ大阪株式会社、読売新聞社

10 協賛

ヨネックス株式会社、日本航空株式会社、井澤金属株式会社、ダイキン工業株式会社、日本生命保険相互会社、阪急電鉄株式会社、株式会社ECC、大阪シティ信用金庫、大阪市高速電気軌道株式会社(OsakaMetro)、積水化学工業株式会社、岩谷産業株式会社、株式会社ACN、住友電設株式会社、JCRファーマ株式会社、株式会社NTTデータ関西、TOA株式会社、サントリーホールディングス株式会社、株式会社島津製作所、橋本総業ホールディングス株式会社、ダイワボウアドバンス株式会社

ジェラルド・カンパナ・リ選手(2022年少年シングルス優勝者)
別ウィンドウで開く

ジェラルド・カンパナ・リ選手
2022年少年シングルス優勝者
(提供:関西テニス協会)

齋藤咲良選手(2022年少女シングルス優勝者)
別ウィンドウで開く

齋藤咲良選手
2022年少女シングルス優勝者
(提供:関西テニス協会)

左からアディチャ・ガネサン選手、原﨑朝陽選手
別ウィンドウで開く

左からアディチャ・ガネサン選手、原﨑朝陽選手
2022年少年ダブルス優勝ペア
(提供:関西テニス協会)

左から李羽芸選手、齋藤咲良選手
別ウィンドウで開く

左から李羽芸選手、齋藤咲良選手
2022年少女ダブルス優勝ペア
(提供:関西テニス協会)

試合の様子

試合の様子
(提供:関西テニス協会)

探している情報が見つからない