ページの先頭です
メニューの終端です。

大阪市生野区マスコットキャラクター使用取扱要領

2019年1月17日

ページ番号:425056

大阪市生野区マスコットキャラクター使用取扱要領

(趣旨)
第1条 この要領は、生野区のマスコットキャラクター(以下「マスコット」という。)を使用する場合の取扱に関し、必要な事項を定める。

(定義)
第2条 この要領において「マスコット」とは、次に挙げるものをいう。
生野区役所(以下「区役所」という。)が所有するマスコットキャラクターのデザインで、その愛称は「いくみん」とする。

(使用承認の申請)
第3条 マスコットを使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ生野区マスコットキャラクター使用承認申請書(様式1)に次の書類を添えて、生野区長(以下「区長」という。)に申請し、承認を受けなければならない。
(1)会社概要等、申請者の事業内容がわかる資料
(2)マスコットの使用状況がわかる完成見本等
(3)その他区長が必要と認める書類

2 前項の規定にかかわらず、次の各号に該当する場合は、承認の手続きを必要としないが、使用後に使用状況等の報告をすること。また、区長が必要であると認める場合は、使用方法等に条件を付すことができる。
(1) 大阪市、国、地方公共団体及びそれに準ずる機関が広報及びそれに準ずる業務の目的で使用するとき
(2)報道機関が報道の目的で使用するとき
(3)その他承認の手続きを必要としないと区長が認めたとき

(使用承認)
第4条 区長は、前条の規定による申請があった場合、その内容が次の各号に該当する場合を除き、マスコットの使用を承認する。
(1)法令や公序良俗に反するおそれがあるとき
(2)特定の政治活動又は宗教活動等に利用されるおそれがあるとき
(3)特定の個人又は団体等の売名に利用されるおそれがあるとき
(4)生野区やマスコットのイメージを損なうおそれがあるとき
(5)前各号に掲げる場合のほか、マスコットの使用を不適当と認めるとき


2 区長は、前項の規定に基づき使用承認した場合においては、生野区マスコットキャラクター使用承認通知書(様式3)により、申請者に通知する。
なお、使用承認をしなかった場合においては、生野区マスコットキャラクター使用不承認通知書(様式5)により、申請者に通知する。

3 区長は、使用承認にあたって、使用方法等に条件を付すことができる。

(使用上の遵守事項)
第5条 マスコットを使用する者(以下「使用者」という。)は、次の事項を遵守しなければならない。
(1)定められたデザイン、色を正しく使用すること。使用可能なイラストは、別表のとおりとする。
(2)デザインのデータ等を加工し、新たなデザインを作成する場合は、事前に申し出たうえで、区長に了解を求めること。また、新たなデザインのデータについては、作成者等に了解を得たうえで、可能な限り区役所に提供すること。
(3)生野区のマスコットキャラクターであることを明示すること。また、登録商標である旨の表示(「®」等)を付するように努めること。
(4)マスコットのイメージを損なうような使用をしないこと。
(5)承認された用途のみに使用し、区長の定める条件に従うこと。
(6)承認を受けた者は、これを第三者に譲渡又は転貸してはならない。

(使用料)
第6条 マスコットの使用料については無償とする。

(承認の期間)
第7条 使用承認する期間は、使用承認した日の属する年度末までとする。翌年度も引き続き使用する場合は、再申請を必要とする。ただし、区長が必要でないと認めた場合は、再申請の手続きを省略することができる。

(承認内容の変更申請)
第8条 マスコットの使用承認を受けた者が承認された内容について変更しようとする時は、生野区マスコットキャラクター使用承認内容変更申請書(様式2)に変更事項を記載することによりあらかじめ区長に申請し、区長が必要と認める書類を添えて、承認を受けなければならない。

2 区長は、前項の規定に基づき変更承認した場合においては、生野区マスコットキャラクター使用承認内容変更通知書(様式4)により、通知する。
なお、変更承認をしなかった場合においては、生野区マスコットキャラクター使用不承認通知書(様式5)により、通知する。

(使用状況の報告)
第9条 使用者は、使用後速やかに使用状況や使用実績を区長に報告しなければならない。

(使用承認の取消)
第 10 条 区長は、マスコットの使用がこの要領及び承認の内容に反すると認めるときのほか、やむを得ない事情によりマスコットの使用ができなくなったときは、その理由を付したうえで、当該マスコットの使用承認を取消すことができる。

2 前項の承認の取消は、生野区マスコットキャラクター使用承認取消通知書(様式6)により通知する。

3 第1項の規定により承認を取消された者は、当該承認により作成された物品等をいかなる場合であっても使用してはならない。

(権利設定の禁止)
第 11 条 使用者は、商標法(昭和34 年法律第127 号)による商標登録、著作権法(昭和45 年法律第48 号)による著作権登録等、著作物に関する自己の権利を新たに設定又は登録してはならない。

(経費等の負担)
第 12 条 区役所は、この要領による使用承認の申請に要した費用及び使用にかかる経費又は役務を負担しない。

(責任の制限)
第 13 条 使用承認の取消等により、使用者が被った損害又は使用者が第三者に与えた損害に対して、区役所は一切その責任を負わない。


(補足)
第 14 条 この要領に定めるもののほか、必要な事項は区長が定める。

附 則
(施行期日)
1 この要領は、平成25 年12 月16 日から施行する。
(「『いくみん』キャラクター等の使用について」の廃止)
2 この要領の制定に伴い、「『いくみん』キャラクター等の使用について」は廃止する。

別表(使用可能なイラスト一覧)及び使用承認申請書等各種書類

Microsoft社 Word Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
docファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市生野区役所 企画総務課 

〒544-8501 大阪市生野区勝山南3丁目1番19号(生野区役所4階)

電話:06-6715-9683

ファックス:06-6717-1160

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示