ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

巡航船の船着き場跡(じゅんこうせんのふなつきばあと)

2011年4月4日

ページ番号:674

名所・旧跡トップにもどる

 江戸時代から明治時代にかけて寝屋川は、大阪の市街と北河内・中河内をつなぐ交通の要路で、今福は茨田地区の「浜」とともにその中継地として栄えたところです。
 大正の初期、巡航船は寝屋川の天満橋から片町-鴫野橋-朝日橋を経て、新喜多大橋(今福南1丁目)までを往復し、一時は上流の徳庵まで運行していたこともあります。
 昭和初期に市バスが寝屋川北岸の片町・極楽橋間に乗り入れるまで、大阪砲兵工廠に通勤する人や学校に通う学生たちなどの重要な交通手段として10年余り活躍しました。
 今福の船着場は、現在の新喜多大橋と新喜多橋の中ほどにありました。

場所:城東区今福南1丁目1番

巡航船の船つき場跡の写真
昔の巡航船の船つき場の写真

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 総務課総務グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)

電話:06-6930-9625

ファックス:06-6932-0979

メール送信フォーム