ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

須佐之男尊神社(すさのおのみことじんじゃ)<関目神社>

2011年4月4日

ページ番号:691

名所・旧跡トップにもどる

 須佐之男尊(すさのおのみこと)を祭神とし、現在は関目神社と呼ばれています。
 創建年代は不明ですが、天正8年(1580年)豊臣秀吉が大坂城築城の際、この地が大坂の鬼門にあたるということから鬼門鎮護の神として毘沙門天王(びしゃもんてんのう)、牛頭天王(ごずてんのう)を勧請し、小祠を建立したのが起源といわれています。
 社殿は正徳年間(1711年~1716年)の台風により罹災し、明治18年(1885年)の大水害により流出しましたが、明治21年(1888年)に復興しました。現在の神殿は、昭和52年(1977年)10月に建て直されたものです。

場所:城東区成育5丁目15番20号

関目神社の写真

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 総務課総務グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)

電話:06-6930-9625

ファックス:06-6932-0979

メール送信フォーム