ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

関目発祥之地の碑

2011年4月4日

ページ番号:699

名所・旧跡トップにもどる

 関目神社の境内に、この碑があります。関目という地名は、古くは榎並荘の時代からあったもので、この地に見張所(目で見る関所)があったことから起ったといわれています。
 この地は、豊臣秀吉が大坂城の防備にとって重要と考え、後に京街道の一部となる関目から森小路の間10余町(1キロメートル余り)の道を俗に「七曲がり」といわれる屈折したものにし、敵兵の進軍の様子を眺めて、その軍容や兵数を察知できるようにしました。

場所:城東区成育5丁目15番20号(関目神社境内)

関目発祥之地の碑の写真

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 総務課総務グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)

電話:06-6930-9625

ファックス:06-6932-0979

メール送信フォーム