ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

空襲による遭難者供養の碑

2011年4月4日

ページ番号:702

名所・旧跡トップにもどる

 終戦前日の昭和20年(1945年)8月14日、アメリカの戦略爆撃機B29の編隊が飛来し、現在の中央区・都島区・東成区にある軍事施設及び大阪城周辺にあった大阪陸軍造兵廠に爆弾を投下しました。そのとき、城東線(現在のJR環状線)京橋駅にも爆弾が投下され、乗降客をはじめ駅の近辺で二百名以上の尊い命が犠牲になりました。
 このときの犠牲者の慰霊と平和を祈念して供養の碑が建てられました。その後、昭和59年(1984年)8月に釈迦牟尼仏像(しゃかむにぶつぞう)と平和祈念像が建立されました。

場所: 城東区新喜多1丁目(京橋駅前)

空襲による遭難者供養の碑の写真

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 総務課総務グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)

電話:06-6930-9625

ファックス:06-6932-0979

メール送信フォーム