ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

榎並講

2011年4月4日

ページ番号:386067

名所・旧跡トップにもどる

 旧榎並村(現在の野江、関目、内代)の大峯山まいり有志により、昭和8年(1933年)7月に建てられたものです。石像の不動明王、役行者は大変立派で威厳があり、付近の人達により今も手厚く祀られています。
 現在、榎並講はありませんが、戦前は非常に盛んで、特に13歳になった男子が村人に連れられて初めて山行する行の中で、断崖絶壁に逆さまに宙づりになって行う“人生に対する誓い”は青年への通過儀式でもありました。

場所:城東区野江3丁目5番28号

榎並講の写真

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 総務課総務グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)

電話:06-6930-9625

ファックス:06-6932-0979

メール送信フォーム