ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

新喜多新田会所跡

2011年4月4日

ページ番号:386102

名所・旧跡トップにもどる

 新喜多新田を経営するための中心となる会所の建物があったところです。もともとこのあたりに旧大和川が流れていましたが、宝永元年(1704年)に付け替え工事が行われ、柏原あたりからまっすぐ西に向かい、大阪湾に流れ込む現在の姿になりました。京橋あたりから東大阪市域に及ぶ大変広い新田で、周りの湿地や沼地が次々に水田となり、この辺りが開けていくきっかけとなりました。旧大和川の下流を鴻池新十郎、鴻池喜七、今木屋多兵衛の三人が開墾し、その名前の一字ずつを取って新喜多新田と名づけられました。

場所:城東区新喜多東1丁目8番40号付近

新喜多新田会所跡の写真

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 総務課総務グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)

電話:06-6930-9625

ファックス:06-6932-0979

メール送信フォーム