ページの先頭です

12.中島大水道跡

2019年5月10日

ページ番号:8630


東淀川区西淡路五丁目1 新幹線高架下

阪急電車「淡路」下車 北西約300m

 

 江戸時代前期(延宝6年、1678)に、摂津国西成郡の北中島地域(東淀川区・淀川区・西淀川区)に属する22か村の農民らが、悪水と滞留水を海に流すために、自力で開いた排水路である。
 このあたりは、淀川・神崎川・中津川に囲まれた低湿地で、古代から水害に悩まされ、悪水抜きの大水道はぜひとも必要であった。村々は団結して代表者を江戸に送り、幕府負担による「公儀普請」の嘆願を重ねたが、逆に「百姓普請」を命ぜられ、資金約2,000両のほとんどを地元で負担して、この付近から此花区伝法5までの全長約9.5km、幅平均22mの大水路を、約50日で完成させた。そのため主唱者3名が自害したという義人伝説さえ生まれた。
 この水路は明治32年の淀川改修まで立派に機能し、長く住民に恩恵を与えたが、現在は市街地化に伴い道路などに形を変えている。

「中島大水道跡」の写真

 

周辺地図へ

 

江口・淀川コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582