ページの先頭です

21.定専坊(じょうせんぼう)

2019年6月27日

ページ番号:8668

東淀川区豊里六丁目14-25

大阪シティバス「北淀高校前」下車 北約100m

 

 行基(ぎょうき)の開基と伝えられる。はじめ西光寺と称した。永徳2年(1382)、楠木正成の孫、政勝が千早・赤坂城陥落後ここに隠棲した。
 後、蓮如(れんにょ)上人が当寺に留ったとき、定専坊と名付けたという。境内には楠木政勝と子(正盛・信盛)の墓というものがある。
 なお当寺の梵鐘は、もと石山本願寺にあったものと伝えられ、織田信長との交戦のとき早鐘に用いていたという。

「定専坊」の写真

 

周辺地図へ

 

江口・淀川コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示