ページの先頭です

24.平田(へいた)の渡し跡

2019年6月27日

ページ番号:8676


東淀川区豊里三丁目 豊里大橋北話西側堤防上

大阪シティバス「豊里」下車 南約300m

 

 淀川には、古くから渡しが発達し、便宜をもたらしていた。江戸時代の記録(「摂陽群談(せつようぐんだん)」元禄14年、1701)によると、長柄の渡し以下15ほどを数える。そのうち平田の渡しは、延宝4年(1676)ごろから開かれ昭和45年の豊里大橋が完成するまでの間、約300年近くにわたり活躍した。明治40年には大阪府営となり、大正8年からは道路の一部と認定されて無料、昭和23年以降は大阪市直営であった。

「平田の渡し跡」の写真

 

周辺地図へ

 

江口・淀川コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示