ページの先頭です

1.二軒茶屋(にけんぢゃや)・石橋旧跡

2019年5月10日

ページ番号:9109


東成区東小橋一丁目1-5地先

JR「玉造」下車 東約50m

 

 この地は、大坂から暗越(くらがりごえ)奈良街道を利用して奈良・伊勢方面へ旅立つ、市外への出発点になっていた。街道をはさんで「つる屋」「ます屋」の2軒の茶店があり、見送り人とここで別れを惜しんだり、名物の深江の菅笠を求めるなどしたところである。「つる屋」の方は、明治40年ごろまであった。
 碑の東側、南北の道はかつて大坂城の東堀として利用された猫間(ねこま)川の跡で、ここには宝永(ほうえい)8年(1711、一説には慶安(けいあん)3年、1650)大坂では初めての石橋、黒門橋が架けられていた(碑の石材は、その石橋の残石である)。橋名の黒門は、豊臣大坂城の玉造門のことで、黒塗りであったことに由来する。この門は夏の陣後、一心寺に移築されたが、今次の戦災で焼失した。

「二軒茶屋・石橋旧跡」の写真

 

周辺地図へ

 

今里・平野郷コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示