ページの先頭です

19.杭全(くまた)神社・連歌所

2019年5月10日

ページ番号:9193


平野区平野宮町二丁目1

JR「平野」下車 東南約100m

 

 当社は坂上田村麿(さかのうえのたむらまろ)の子、広野麿(ひろのまろ)の息子当道(とうどう)が氏神として素盞嗚(すさのお)命を崇神としたのが最初という。本殿は三殿からなり、第二・三殿は永正(えいしょう)10年(1513)室町時代中期でいずれも重要文化財指定をうけている。境内の連歌所(れんがしょ)は、大坂冬の陣のとき壊されたが宝永5年(1708)再興された。連歌は平安時代に興ったが、ここは公卿との縁故も深かったので盛んに行われ、連歌は神事として年中行事になっていたが、最近復活された。これからも中世における杭全庄の文化活動の一端が偲ばれる。また境内にはくすの大樹が多く、樹齢600年以上と思われるものが大阪府天然記念物に指定されている。

「杭全神社」の写真

杭全神社

 

「連歌所」の写真

連歌所

 

周辺地図へ

 

今里・平野郷コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示