ページの先頭です

大阪市橋梁維持管理システム(BMS) ~ 大阪市の橋梁の長寿命化に向けた取り組み ~

2022年3月28日

ページ番号:11131

 大阪は、「なにわ八百八橋」と称されるように古くから数多くの橋がかかっており、現在、大阪市建設局は758橋(令和3年4月現在)の橋を管理しています。大阪市では早くから都市施設の基盤整備が進められたため、他都市と比べても橋の高齢化が進展しており、今後いっそう高齢化が進む中、限られた予算で数多くの橋を維持管理する必要があります。

 そこで、本市では、平成19 年度から有識者による検討会を設置し検討を進め、平成20 年度に建設局の管理する「橋梁」を対象に「大阪市橋梁保全更新計画」を策定、その後平成24 年3 月に改訂して運用を行い、施設の長寿命化を推進するとともに、維持管理・更新費の抑制と平準化に取り組んできています。

 今後も、様々な環境や情勢の変化、技術革新などに応じて更なる維持管理・更新の効率化に努め、計画の不断の見直しを行い、計画の内容の一層の充実を図ってまいります。

大阪市橋梁保全更新計画について

 大阪市では早くから都市基盤施設の整備が進んだため、施設の高齢化が進展しており、今後も高齢化が進む中、限られた予算で数多くの橋を維持管理する必要があります。

 そのため、平成19年度より大阪市橋梁保全更新計画検討会を設置し、橋を良好な状態で将来に引き継ぐために必要な事業計画および実施方針を取りまとめた『大阪市橋梁保全更新計画』を、次の計画概要のとおり策定しました。(計画概要はH21年4月時点のデータを用いたものとなっています。)

計画概要

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

パンフレットのダウンロード

橋梁維持管理計画について

 建設局では、計画的な施設の維持管理・更新を進めるため、施設毎に維持管理計画(個別施設計画)を策定しています。

 橋梁維持管理計画 は、これまでの取り組みをもとに、維持管理・更新費の抑制や予算の平準化等を図ることを目的として策定した維持管理計画で、「大阪市公共施設マネジメント基本方針」に基づく個別施設計画として位置付けたものです。

橋梁維持管理計画

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路河川部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム