ページの先頭です

玉津橋(たまつばし)

2016年12月26日

ページ番号:23598

諸元・アクセス

玉津橋写真

橋長:16.0m
幅員:13.4m
形式:桁橋
完成:昭和61年
行政区:東成区
河川名:平野川
アクセス:OsakaMetro今里筋線 今里駅 
      8番出口 およそ600m 徒歩10分
      OsakaMetro長堀鶴見緑地線 玉造駅
      JR大阪環状線 玉造駅

歴史・文化

 玉津橋は、大阪と奈良を結ぶ「暗越(くらがりごえ)奈良街道」の道筋にあり、江戸時代初期には既に架けられていたと考えられている。

昭和43年に架け替えられた橋は、橋の構造高を低く押さえる必要からプレビームという特別な桁が日本で初めて採用された。

 現在の玉津橋は、桁高を抑えるために鋼床版桁が採用されている。橋面は「歴史の橋」の整備の一環として、美装化された2.2mの歩道が両側に設けられている。玉津橋は、暗越奈良街道筋にあたることから、高欄部に江戸時代に描かれた  古地図を銅板に焼き付けたものをはめ込み、橋が古くから存続してきたことを顕彰している。また、現在でも生駒山中の暗峠に石畳が残ることから、橋の歩道部には石畳風の敷石が並べられ、街道の雰囲気を伝えている。

 また、橋の西側の東成区中道4丁目には「暗越奈良街道里程標」があるなど、今も玉津橋の近辺には、街道筋の面影が残されている。

 

→顕彰碑のページはこちら

橋名一覧 広域地図 市街地図 橋のお知らせ 橋のメニュー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム