ページの先頭です

源八橋 (げんぱちばし)

2014年12月26日

ページ番号:30531

諸元・アクセス

写真:源八橋 (げんぱちばし)

橋長:201.20m
幅員:14~17.5m
形式:(ゲルバー)桁橋
完成:昭和11年(昭和46年拡幅)
行政区:北区、都島区
河川名:大川(旧淀川)
アクセス:JR大阪環状線 桜ノ宮駅 西口 
      およそ300m 徒歩5分

歴史・文化

 この場所に初めて橋が架けられたのは昭和11年6月のことで、それまでは渡しが唯一の交通手段であった。この渡しは、江戸時代、元禄末(1700年頃)には、すでに「源八渡し」として知られていた。この名の由来は、川の中程に「源発」という名の砂洲があったことにもとづくと言われ、また、「中野の渡し」とも呼んだ。
 右岸は大阪城代配下の与力などの役宅が並び、左岸はのどかな農村地帯であったが京街道にも近く、梅や桜の名所でもあったので渡しは大変賑わったという。
 この渡しも、架橋とともに姿を消し橋名に名を留めるのみとなった。
 「源八を わたりてうめの あるじかな」  蕪村

 

→ 顕彰碑トップページへ戻る

橋のお知らせ  橋のメニュー

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム