ページの先頭です

新町橋(しんまちばし)

2018年4月3日

ページ番号:30551

諸元・アクセス

写真:新町橋 (しんまちばし)

行政区:中央区
河川名:旧西横堀川
アクセス:OsakaMetro 四ツ橋駅  
      1-A出口 およそ300m 徒歩5分

文化・歴史

 新町橋は、寛文12年(1672)、新町遊廓東側の通路として西横堀川に架けられていた。廓の中心の瓢箪町筋にあり、市内側への唯一の通路のようになっていたことから、「ひょうたん橋」とも呼ばれていた。

 遊廓は、西鶴・近松らの作品の舞台になり桜の名所でもあり、橋の東は、道頓堀の繁華街ともつながり、この橋の上にまで夜店が並び賑わった。

 明治5年9月には橋長12間(21.8メートル)幅2間余(3.6メートル強)の鋳鉄製構アーチの鉄橋に架け替えられた。しかし反りのきつい橋であったため明治8年に改造がなされ、その後、昭和2年6月に都市計画事業で鉄筋コンクリート製のアーチ橋に、昭和46年頃、西横堀川の埋め立てにより姿を消した。

 

→ 顕彰碑トップページへ戻る

橋のお知らせ  橋のメニュー

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム