ページの先頭です

建設局総合評価落札方式技術審査委員会設置要綱

2017年9月12日

ページ番号:254479

制      定 平成19年9月7日

最近改正 平成29年4月1日

 

(委員会の設置)

第1条 「大阪市公共工事総合評価落札方式試行ガイドライン」及び「大阪市公共工事総合評価落札方式試行要領」に基づき、建設局総合評価落札方式技術審査委員会(以下「技術審査委員会」という。)を設置する。

 

(目的)

第2条 技術審査委員会は、建設局が所掌する工事の発注において、総合評価落札方式による落札者決定に関する事務を中立かつ公正に行うことを目的とする。

 

(所掌事務)

第3条 技術審査委員会は、次に掲げる各号について技術的な審査を行うものとする。

(1)総合評価落札方式の適用に関すること

(2)落札者決定基準の決定に関すること

(3)落札者の決定に関すること

(4)学識経験者等の意見を聴取する選定委員会の委員構成と印選定理由等

(5)その他必要な事項

2 委員長は、審査結果を契約担当者に通知するものとする。

 

(組織)

第4条 技術審査委員会は、本市職員による委員長及び委員をもって組織する。

2 委員長及び委員は別表に掲げる者とし、関連担当課長は委員長が指名する。

3 委員長は、委員会を代表し、委員会を総括する。

4 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指名する者がその職務を代理する。

 

(会議)

第5条 技術審査委員会は、委員長が招集する。

2 技術審査委員会は、委員長を含む委員の過半数以上の出席をもって成立とする。

3 やむを得ず委員が出席できない場合は、その委員が推薦する課長又は課長代理を出席させることができる。

4 委員会の議事は出席者の過半数で決し、可否同数のときは委員長が決する。

5 委員長は、委員会を招集できない場合は、各委員に議事を回付し可否を伺うことで議決に替えることができる。

6 委員長は、第3条第1項第2号および第3号に定める事項を審議するときは、学識経験者の意見を聴くものとし、原則として別途に建設局入札契約に関する学識経験者等の意見を聴取する選定委員会を開催する。

 

(庶務)

第6条 技術審査委員会の庶務を補佐するため、事務局を企画部工務課(工事監理担当)に置く。ただし、これにより難い場合は別途定めるものとする。

 

(雑則)

第7条 この要領に定めるもののほか、技術審査委員会の運営に必要な事項は委員長が別に定めることができる。

 

 

附則

この要綱は平成19年9月7日から施行する。

 

附則

この要綱は平成20年4月23日から施行する。

 

附則

この要綱は平成23年10月1日から施行する。

 

附則

この要綱は平成26年2月1日から施行する。

 

附則

この要綱は平成27年3月25日から施行する。

 

附則

この要綱は平成27年5月29日から施行する。

 

附則

この要綱は平成29年4月1日から施行する。

 

別表

 

建設局総合評価落札方式技術審査委員会 委員名簿

 

委員長 工務担当部長

委  員 経理課長

委  員 工務課長

委  員 調整課長(☆)

委  員 関連担当課長(*)

委  員 工事監理担当課長

委  員 監督担当課長

 

(☆)当該事業を所属する各部(道路部、下水道河川部、公園緑化部)いずれかの調整課長とする。

(*)当該事業の特性に応じて、当該工事設計担当課長以外の関連する部門の担当課長または業務について知識または経験を有していると認められる担当課長の中から、必要な委員を定める。

各部の調整課長、関連担当課長および監督担当課長
    部  調整課長    関連担当課長   監督担当課長
道路部道路部調整課長当該事業の特性に応じて、当該工事設計担当課長以外の関連する部門の担当課長または業務について知識または経験を有していると認められる担当課長の中から、必要な委員を定める(2名以上)。当該工事を監督する
工営所長
下水道河川部下水道河川部
調整課長
当該工事を監督する
方面事務所管理課長、
設備課長または工営所長
公園緑化部公園緑化部
調整課長
当該工事を監督する
公園事務所長

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局企画部工務課工事監理担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-6664

ファックス:06-6615-6577

メール送信フォーム