ページの先頭です

天王寺動物園教育ポリシー

2018年8月3日

ページ番号:436955

天王寺動物園教育ポリシーを策定しました

天王寺動物園教育ポリシー策定の経緯

 天王寺動物園は大正4(1915)年の開園以来、施設整備や希少動物の飼育を進めるなど規模の拡大を図りながら、日本有数の動物園として発展してきました。

 一般的にはレジャー施設として捉えられることが多い動物園ですが、動物園は生きた動物を展示する博物館であり、社会教育施設としての役割もあると言われています。さらに、近年は、生物多様性を含む地球環境問題への関心の高まりなどを受けて、世界的な潮流として動物園における生物多様性保全に関する教育(保全教育)や環境教育がより重視されるようになってきました。

 このような動物園を取り巻く環境の変化を踏まえて、天王寺動物園は、中長期の運営方針をとりまとめた「天王寺動物園101(いちまるいち)計画」を平成28(2016)年10月に策定しました。同計画では、「動物についての理解や自然環境や生物多様性への気づきを与える」ことを天王寺動物園の「使命」とし、天王寺動物園が果たしていくべき機能・役割として「近距離レジャー機能」とともに「社会教育機能」を柱のひとつとして位置付けました。

 天王寺動物園が、社会教育機能を向上させ、教育普及活動を拡大・充実させていくためには、動物園がめざすところをより明確化していく必要があります。このため、当園では、平成30(2018)年1月から2月にかけて「天王寺動物園教育ポリシー策定に関するアドバイザー会議」を開催し、有識者の意見をいただきながら、この「天王寺動物園教育ポリシー」をとりまとめました。今後は、本ポリシーを基本的な考え方として、様々な教育普及活動を展開してまいります。

天王寺動物園教育ポリシー

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局公園緑化部天王寺動物公園事務所管理課

住所:〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1丁目108番(天王寺公園内)

電話:06‐6771‐8404

ファックス:06-6772-4633

メール送信フォーム