ページの先頭です

2025年日本国際博覧会の交通アクセス向上につながる淀川左岸線(2期)の早期整備にかかる要望を行います

2020年1月20日

ページ番号:491714

要望活動について

 大阪市は、2025年日本国際博覧会(以下「万博」という。)の交通アクセス向上につながる淀川左岸線(2期)の早期整備について、次のとおり要望活動を実施しますので、お知らせします。

 淀川左岸線(2期)は、都心部の渋滞緩和やヒト・モノの円滑な移動に資するものとして、政府の都市再生プロジェクト(第2次決定)に位置付けられている「大阪都市再生環状道路」の一区間をなす重要な道路であり、2026年度末(令和8年度末)の完成をめざして事業を推進しています。

 また、本路線は、万博開催時に新大阪駅などから万博会場となる夢洲へのシャトルバスの時間短縮や定時性を確保するためのアクセスルートとして非常に重要な路線であり、関西経済連合会をはじめとした経済界や2025年日本国際博覧会協会から整備前倒しの要望を受けているところです。

 淀川左岸線(2期)事業の工事を前倒し、早期整備を図ることにより、万博開催時に新大阪駅・大阪駅などから万博会場へ向かうシャトルバスなどに限定して通行させることで、交通アクセスの充実が可能となります。

 このため、国に対し、淀川左岸線(2期)事業の工事を前倒し、早期整備を図るために必要となる財政支援について要望します。

1 要望日

令和2年1月21日(火曜日)

2 要望先・時間

菅 義偉 内閣官房長官 : 17時10分から17時15分(予定)

青木 一彦 国土交通副大臣 : 15時45分から15時55分(予定)

3 要望者

松井 一郎 大阪市長

4 要望内容

2025年日本国際博覧会の交通アクセス向上につながる淀川左岸線(2期)の早期整備にかかる要望

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局臨海地域事業推進本部淀川左岸線2期建設事務所設計課

住所:〒553-0005 大阪市福島区野田6丁目2番16号

電話:06‐6466‐2180

ファックス:06-6466-2195

メール送信フォーム