ページの先頭です

御堂筋における側道歩行者空間化に向けた側道閉鎖について

2022年8月25日

ページ番号:577275

 大阪市では、平成31年に策定しました「御堂筋将来ビジョン」に基づき、御堂筋を車中心から人中心のストリートへと空間再編を進めています。この将来ビジョンの実現に向けて、側道の歩行者空間化を進めることで、段階的に人中心の空間に広げていくこととしています。

 このたび、長堀通から道頓堀川までの区間の側道について、歩行者空間化に向けた整備を実施するため、令和4年10月4日(火曜日)から閉鎖します。

 なお、側道閉鎖を実施後、交通影響検証を行います。

1.閉鎖開始日及び区間

閉鎖開始日時

令和4年10月4日(火曜日) 午前12時〔正午〕予定

(注)荒天の場合には順延することがあります。

閉鎖区間

長堀通~道頓堀川の区間の側道(新橋交差点~道頓堀橋北詰交差点

側道閉鎖区間図

(注)御堂筋本線及び東西道路は通行できます。

2.交通影響検証

  • 本線の渋滞等への交通影響
  • 停車スペースの運用
  • 東西道路等への交通影響

3.停車スペース(沿道アクセススペース)の利用ルール

側道閉鎖区間(両側)には、停車スペース(沿道アクセススペース)を設けます。

利用可能な車両

人の乗降または貨物の積下しのための停車車両

(注)ただし、タクシーの乗車はタクシー乗り場でお願いします。

停車可能時間

最大5分まで可能

4.今後のスケジュール

令和4年10月4日(火曜日)~

東側・西側側道の閉鎖開始、交通影響検証

令和4年11月~

東側側道から順次整備

(注)西側側道は、検証後に開放予定(西側整備までの間)

令和7年3月(予定)

長堀通~千日前通の整備完成

(注)現在整備中の道頓堀川から千日前通までの南側区間を合わせた、長堀通から千日前通までの区間です。

側道閉鎖のお知らせ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない