ページの先頭です

児童扶養手当

2021年11月1日

ページ番号:2395

・低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金についてはこちらをお読みください。

・令和3年3月分から、障害基礎年金等を受給している方の手当額の算出方法と支給制限に関する所得の算定方法が変更されました。変更内容についてはこちらをお読みください。

児童扶養手当

詳細

事業名

児童扶養手当

内容

父母が婚姻を解消した児童等を監護している母、児童を監護し、生計を同じくする父又は父母以外で児童を養育(児童と同居し、監護し、生計を維持していること)している養育者に対して、児童扶養手当を支給します。

対象者

 次のいずれかにあてはまる18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童(政令で定める程度の障がいの状態にある場合は20歳未満の児童)を監護している母、児童を監護し、生計を同じくする父又は養育者が受給できます。 

(1)父母が婚姻を解消した児童

(2)父又は母が死亡した児童

(3)父又は母が政令で定める程度の障がいの状態にある児童

(4)父又は母の生死が明らかでない児童

(5)父又は母から引き続き1年以上遺棄されている児童

(6)父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童

(7)父又は母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童

(8)母が婚姻によらないで出産した児童

 ただし、上記の場合でも、次のいずれかにあてはまるときは、手当を受給できません。

 (1)請求者(母、父又は養育者)若しくは児童が日本に住んでいないとき

 (2)児童が里親に委託されているとき

 (3)児童が児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、通園施設を除く)に入所しているとき

 (4)請求者が母の場合は、父と生計を同じくしているとき(ただし、父が政令で定める程度の障がいの状態にあるときを除く)

  請求者が父の場合は、母と生計を同じくしているとき(ただし、母が政令で定める程度の障がいの状態にあるときを除く)

 (5)請求者(母又は父)の配偶者に養育されているとき(配偶者には、内縁関係にある者を含み、政令で定める程度の障がいの状態にある者を除く)

 (6)平成15年3月31日の時点で、手当の支給要件に該当するようになった日から起算して5年を経過しているとき(請求者が父の場合は適用されません)

手続き

支給を受ける資格のある方は、お住まいの区の保健福祉センター福祉業務担当で申請してください。

※法律改正により、平成26年12月から公的年金等を受給できる場合でも、年金額が児童扶養手当を下回るときはその差額分の手当が支給されることになりました。

※令和3年3月分から、障害基礎年金等を受給している方の手当額の算出方法と支給制限に関する所得の算定方法が変更されました。

※児童扶養手当と公的年金等の両方を受給する場合は手続きが必要です。 

詳細はこちら(厚生労働省ホームページ別ウィンドウで開く)をご覧ください。

障害基礎年金等を受給しているひとり親家庭の方の「児童扶養手当」について

令和3年3月分(令和3年5月支払い)から、障害基礎年金等を受給している方の手当額の算出方法と支給制限に関する所得の算定方法が変更されました。

児童扶養手当と調整する障害基礎年金等の範囲が変わりました

令和2年2月分の手当までは、障害基礎年金等を受給している方は、障害基礎年金等の額が児童扶養手当の額を上回る場合、児童扶養手当を受給できませんでしたが、令和3年3月分の手当以降は、児童扶養手当の額が障害年金の子の加算部分の額を上回る場合、その差額を児童扶養手当として受給できるようになりました。

「障害基礎年金等」とは国民年金法に基づく障害基礎年金、労働者災害補償保険法による障害補償年金など、本人の障がいを支給事由とし、日常生活能力の制約に着目して生活を支えることを趣旨目的とする公的年金給付です。

なお、遺族年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などの障害年金以外の公的年金等や障害厚生年金(3級)のみを受給している方は、調整する公的年金等の範囲に変更はありません。

支給制限に関する所得の算定が変わりました

令和3年3月分の手当以降は、障害基礎年金等を受給している受給資格者の支給制限に関する「所得」に非課税公的年金給付等が含まれます。非課税所得である公的年金給付等を課税所得の公的年金等とみなし、公的年金等控除等を適用して算定した額を「所得」に加算します。

「非課税公的年金給付等」とは障害年金、遺族年金、労災年金、遺族補償などです。

公的年金等を受給する場合の児童扶養手当について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

児童扶養手当の額

手当の額は、請求者又は配偶者及び扶養義務者(同居している請求者の父母兄弟姉妹など)の前年の所得(1月~9月の間に不備のない請求書を提出される場合は前々年の所得)によって決まります。

所得制限限度額表による額以上の所得がある場合は、資格認定されても手当は支給されません。

手当月額(令和2年4月から)
  全部支給 一部支給
児童1人の場合43,160円43,150円~10,180円
児童2人目の加算額10,190円10,180円~5,100円
児童3人目以降の加算額

6,110円

6,100円~3,060円

手当月額の計算式

一部支給は所得に応じて10円きざみの額です。具体的には次の算式により計算します。   

  1. 第1子
    手当月額=43,150円【注1】-[{(受給者の所得額【注2】-所得制限限度額【注3】)×0.0230559【注4】}]
  2. 第2子
    手当月額=10,180円【注1】-[{(受給者の所得額【注2】-所得制限限度額【注3】)×0.0035524【注4】}
  3. 第3子以降
    手当月額=6,100円【注1】-[{(受給者の所得額【注2】-所得制限限度額【注3】)×0.0021259【注4】}]

※上記{ }内の部分の額については、10円未満四捨五入

【注1】計算の基礎となる43,150円、10,180円、6,100円は、固定された金額ではなく、物価変動等の要因により改正される場合があります。

【注2】受給者の所得額とは、収入から、給与所得控除等の控除を行い、養育費の8割相当額を加算した額です。

【注3】所得制限限度額表の本人(母、父又は養育者)欄の「全部支給の所得制限限度額」の金額であり、扶養親族等の数に応じて額が変わります。

【注4】0.0230559、0.0035524、0.0021259は、固定された係数ではなく、物価変動等の要因により、改正される場合があります。

所得額の計算方法

所得額=年間収入金額-必要経費(給与所得控除額等)+養育費-8万円(社会保険料相当額)-諸控除

1.養育費

この制度においては、受給資格者が母(父)である場合(養育者は除く)、その監護等する児童の父(母)から、その児童について扶養義務を履行するための費用として母(父)又は児童が受け取る金品等について、その金額の8割(1円未満は四捨五入)が、母(父)の所得に算入されます。

※監護等・・・受給資格者が母の場合は、児童を監護していること。受給資格者が父の場合は、児童を監護し、生計を同じくすること。

2.諸控除

控除項目及び控除額は下表のとおりです。

(注)令和3年10月分までの手当については、母による受給の場合は、寡婦控除、特別寡婦控除は適用されません。また、父による受給の場合は、寡夫控除は適用されません。
令和3年11月分からの手当については、母による受給の場合は、寡婦控除、ひとり親控除は適用されません。また、父による受給の場合は、ひとり親控除は適用されません。

諸控除(令和3年10月分の手当まで)
寡婦(寡夫)控除27万円
特別寡婦控除35万円
障がい者控除27万円
特別障がい者控除40万円
勤労学生控除27万円
配偶者特別控除当該控除額
雑損控除当該控除額
医療費控除当該控除額
小規模企業共済等掛金控除当該控除額
肉用牛の売却による事業所得当該免除にかかる所得額
諸控除(令和3年11月分の手当から)
寡婦控除 27万円
ひとり親控除35万円
障がい者控除27万円
特別障がい者控除40万円
勤労学生控除27万円
配偶者特別控除当該控除額
雑損控除当該控除額
医療費控除当該控除額
小規模企業共済等掛金控除当該控除額
肉用牛の売却による事業所得当該免除にかかる所得額

3.養育者及び扶養義務者の所得にかかる寡婦・寡夫控除のみなし適用(令和3年10月分の手当まで)

寡婦・寡夫控除が適用されない未婚のひとり親(養育者及び扶養義務者に限る)のうち、以下の要件を満たす場合は、児童扶養手当に係る所得の算定において、寡婦・寡夫控除を受けた者と同様、27万円(下記(ア)のうち扶養親族である子を有し、かつ、前年の合計所得金額が500万円以下である場合には35万円)を控除します。
該当する方は窓口で申し出てください。
(ア) 婚姻によらないで母となった女子であって、現に婚姻をしていないもののうち、扶養親族その他その者と生計を一にする子(他の者の控除対象配偶者又は扶養親族とされている者を除き、前年の総所得金額等が38万円以下の者)を有するもの
(イ) 婚姻によらないで父となった男子であって、現に婚姻をしていないもののうち、その者と生計を一にする子(他の者の控除対象配偶者又は扶養親族とされている者を除き、前年の総所得金額等が38万円以下の者)を有し、かつ、前年の所得が500万円以下であるもの

所得制限限度額

所得制限限度額(平成30年8月1日以降)
扶養親族等の数母、父又は養育者孤児等の養育者、配偶者、
扶養義務者の所得制限限度額
全部支給の所得制限限度額一部支給の所得制限限度額
0人49万円未満192万円未満236万円未満
1人87万円未満230万円未満274万円未満
2人125万円未満268万円未満312万円未満
3人163万円未満306万円未満350万円未満
4人201万円未満344万円未満388万円未満
5人239万円未満382万円未満426万円未満

※ 本表は、令和元年分の所得額より児童扶養手当法施行令に定める額を控除した後の額です。また、本表の適用期間は令和2年10月1日~令和3年9月30日までの請求によるものです。

(注)

  1. 受給資格者の収入から給与所得控除等を控除し、養育費の8割相当額を加算した所得額と上表の額を比較して、全部支給、一部支給、支給停止のいずれかに決定されます。
  2. 所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)、老人扶養親族又は特定扶養親族がある場合は上記の額に次の額を加算した額を所得制限限度額とします。
    (1)本人の場合
     1)同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)又は老人扶養親族1人につき10万円
     2)特定扶養親族又は16歳以上19歳未満の控除対象扶養親族1人につき15万円
    (2)孤児等の養育者、配偶者及び扶養義務者の場合は、
      老人扶養親族1人につき6万円
      ただし、扶養親族等がすべて70歳以上の場合は1人を除く
  3. 扶養親族等が6人以上の場合は、1人につき38万円(扶養親族等が2に該当する場合はそれぞれ加算)を加算した額とします。

児童扶養手当の支給

児童扶養手当の支給日
支給日支給対象月
1月11日11月分~12月分
3月11日1月分~2月分
5月11日3月分~4月分
7月11日5月分~6月分
9月11日7月分~8月分
11月11日9月分~10月分

手当は認定されると、請求された月の翌月分から支給されます。
支払は請求者の指定した金融機関の口座に振り込まれます。
支給日が土曜日、日曜日、祝日にあたるときは、その直前の金融機関の営業日に支給されます。

児童扶養手当の返還金について

過払いとなった手当(返還金)が発生した場合、児童扶養手当法31条の規定により、支払調整を行うことがあります。

支払調整とは

支給される児童扶養手当を返還金へ充てること
例)所得更正により支給額が変更となった場合、支給対象児童の減の届出がなかった場合、公的年金等受給額変更の届出がなかった場合等

現況届

児童扶養手当の受給資格者(※)は、毎年8月1日から8月31日までに現況届を添付書類や証書とともに、提出する必要があります。

添付書類は、手当を受給している理由により異なりますので、詳しくはお住まいの区の保健福祉センター福祉業務担当におたずねください。

この届出によって手当の受給資格があるかどうかを審査し、手当額の決定を行います。

届出がないと、手当を受けることができません。また、期限を過ぎて提出されますと手当の支給が遅れる場合がありますので、ご注意ください。

現況届を2年間続けて提出されない場合、手当を受ける資格がなくなってしまいます。

なお、一部支給停止適用除外事由に該当する間は、毎年、現況届の際に、児童扶養手当一部支給停止適用除外事由届出書を証明書類とともに提出してください。

※7月から9月までの間に認定の請求をした方は、その届出をした年については、所得状況届を提出し、翌年以降は現況届を提出する必要があります。

所得状況届

7月から9月までの間に認定請求をされる方は、その年の11月支給分以降の児童扶養手当の額の改定に必要となる前年の所得を把握するため、認定請求を行った日からその年の10月31日までの間に「所得状況届」及び添付書類を提出してください。

手当額の一部支給停止について

 手当の支給開始月から5年または支給要件に該当した月から7年を経過したときは、手当額の一部支給停止の対象となります。(なお、受給資格者が父の場合は、平成22年8月1日以降の支給開始月等から起算されます。)ただし、就労している方、就職活動をしている方、自立に向けた職業訓練のための学校に通学中の方など、就労意欲があり自立に向けての努力をしている方、あるいは障がい等があり就労できない理由がある方については、手続きをしていただいた上で、従来どおりの支給となります。
 提出していただく届出書に添付していただく証明書類は対象の方に個別にお知らせします。

マイナンバーの利用開始について

平成28年1月から、マイナンバーの利用開始に伴い、児童扶養手当の手続きの際にはマイナンバーの記入と提示が必要となりました。

対象となる手続きと必要になる個人番号

  1. 児童扶養手当の新規申請をするとき・・・申請者・配偶者・扶養義務者・対象児童
  2. 対象児童の増員などのため額改定請求をするとき・・・増員となる対象児童
  3. 扶養義務者と新たに同居するようになった場合の届出をするとき・・・手当額の審査の対象となる扶養義務者
※大阪市外で児童扶養手当を受給されていて、引き続き受給するために大阪市で申請される場合も、個人番号が必要です。

持参していただくもの

番号確認書類及び本人確認書類

個人番号カードをお持ちの場合は、1枚で番号確認と本人確認ができます。
※個人番号通知書は、マイナンバー法上の番号確認書類や身元確認書類としては利用できません。

【番号確認書類の例】

  • 通知カード(ただし、氏名、住所等の記載事項に変更がない場合又は正しく変更手続がとられている場合に限り、利用可能)
  • 個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書

【本人確認書類の例(申請者の方のみ必要です)】

「運転免許証」または「パスポート」など

ただし上記をお持ちでない場合は、「健康保険の被保険者証」「年金手帳」「児童扶養手当証書」「特別児童扶養手当証書」「児童扶養手当認定通知書」「児童扶養手当支給停止通知書」「ひとり親家庭医療証」など2点以上で確認します。

詳しくは、各区保健福祉センター児童扶養手当業務担当窓口へお問い合わせください。

マイナンバーの詳しい制度内容については下記のページをご覧ください。

https://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000336407.html


問い合わせ先  各区の保健福祉センター・保健福祉課

戸籍謄本または抄本について

本籍地が大阪市の方

児童扶養手当の認定請求に必要な戸籍謄本または抄本の取得にあたっては、大阪市手数料条例施行規則の規定により手数料無料で証明書を交付できます。

事前にお住まいの区の児童扶養手当業務担当にお問い合わせいただき「一部事項証明書請求書(戸籍記載事項証明請求書)」の発行を依頼してください。「一部事項証明書請求書(戸籍記載事項証明請求書)」がない場合は手数料は無料となりませんのでご注意ください。

  • 郵送で戸籍謄本(抄本)を請求される場合
    大阪市役所内郵送事務処理センターに「一部事項証明書請求書(戸籍記載事項証明請求書)」と切手を貼付した返信用封筒を同封し請求してください。「一部事項証明書請求書(戸籍記載事項証明請求書)」の記載方法についてはお住まいの区の児童扶養手当業務担当にお問い合わせください。郵送での請求については、郵送請求の繁忙時期により証明書発行までに日数がかかる場合があります。その他の書類だけ先に、児童扶養手当業務担当に送付してください。なお、受理扱いとはしますが、戸籍謄本(抄本)が提出されるまで手当額の認定ができませんので、ご了承ください。
本籍地が大阪市以外の方

戸籍謄本(抄本)の交付にかかる手数料が無料となる場合がありますので、本籍地のある自治体にお問い合わせください。

問い合わせ先(提出先)

各区問い合わせ先

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部こども家庭課ひとり親等支援グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8034

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム