ページの先頭です

ファミリー・サポート・センター事業

2020年6月1日

ページ番号:370655

 

 新型コロナウイルス感染症対策に伴う学校園等の臨時休業により、ファミリー・サポート・センター事業を利用した場合において、利用料相当額(上限あり)を助成する制度を令和元年度に引き続き、令和2年度も実施します。詳しくは、こちらをご覧ください。


(画像提供:ピクスタ)

ファミリー・サポート・センター事業は、子育てを援助してほしい人(依頼会員)と、子育てを援助したい人(提供会員)がお互いに信頼関係を築きながら、子どもを預けたり、預かったりする子育て援助活動です。

主な活動内容

  • 保育所・幼稚園等の保育開始前・終了後の預かり
  • 保育所・幼稚園等へ送迎
  • いきいき活動や習い事の送迎
  • 学校の放課後や、学校の放課後等に行われる児童健全育成活動が終了した後の預かり
  • 保護者の病気(通院したいとき)や、急用(冠婚葬祭、家族の介護、他のお子さんの学校行事等)の時の預かり
  • 育児負担軽減のためのリフレッシュ(ママ友や夫婦でお出かけ、美容院に行く)の時の預かり

※お子さんを預かる場所は、会員の自宅のほか、子どもの安全が確保できる場所とし、会員間の合意で決定します。

会員になるには

会員登録をご希望の方は、お住まいの区のファミリー・サポート・センター窓口別ウィンドウで開くにお問い合わせください。
※登録時には、保護者(ご登録者)の上半身の写真(4cm×3cm)1枚と印鑑及び本人確認できるものが必要です。

会員登録の条件

子育てを援助してほしい方(依頼会員)

  • 市内在住で、おおむね生後3か月から10歳未満のお子さんがいる方

子育てを援助できる方(提供会員)

  • 市内在住で、自宅でお子さんを預かることができる方(19歳以上)
  • 子育てで社会に役立ちたいと思っている方

※提供会員として活動するためには、講座(24時間)の受講が必要です。
※依頼会員、提供会員の両方に登録することも可能です。
※会員を対象とした研修会や交流会を、適宜実施しています。

利用方法

ファミリー・サポート・センターが、条件の合う会員同士をペアリングします。

ペアリングで、援助活動内容の合意が得られた後、実際の援助活動が開始します。

※依頼会員が、お願いしたい援助活動は、ファミリー・サポート・センター窓口別ウィンドウで開くを通して申し込みます。
※詳しいご利用方法は、ファミリー・サポート・センター窓口別ウィンドウで開くにお問い合わせください。

利用料金

利用料金(1時間あたり)
通常(7:00~20:00)800円
早朝・夜間(通常以外の時間)900円
土・日・祝日・年末年始(12/29~1/3)900円
子どもが体調不良の場合(注)900円

注…体調不良の子どもの援助について別ウィンドウで開くをご確認ください。

※交通費、食事(ミルク)、おやつ代、おむつ代等の実費は、援助活動が終了した後、依頼会員が提供会員に直接お支払いください。

国の幼児教育・保育の無償化に伴い、一部の利用者については利用料が無償となります。

なお、すべてのファミリー・サポート・センター支部が無償化の対象となります。

※制度の詳細は、下記ページをご覧ください。

https://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000475751.html

※各支部の所在地、電話番号等については、「ファミリー・サポート・センター本部及び支部 一覧」をご覧ください。

活動中の事故などに備えて

活動中の事故に備えて、大阪市がファミリー・サポート・センター補償保険別ウィンドウで開くに加入します。

※大阪市ファミリー・サポート・センター事業の詳細は、 『おおさか子育てネット』別ウィンドウで開く でもご確認いただけます。

大阪市のファミリー・サポート・センター一覧

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部管理課子育て支援グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8111

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示