ページの先頭です

児童手当の制度改正について

2024年6月7日

ページ番号:627381

児童手当の制度改正について

令和610月分(令和612月5日支給)から、児童手当制度が改正されます。

主な改正内容について

支給対象年齢の延長

児童手当の支給対象となる子の年齢が、18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校生年代まで)となります。

所得制限の撤廃

所得の額にかかわらず、児童手当が支給されます。

なお、父母がともにお子さんを養育されている場合は、お子さんの父母のうち、いずれかそのお子さんの生計を維持する程度の高い方(家計の主催者)に児童手当が支給されます。

第3子加算の増額

3子以降の18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校生年代まで)の子は、月額3万円の支給となります。

※第3子加算の数え方(カウント方法)の変更

多子加算のカウント方法については、現在の18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校生年代まで)を第1子とする扱いを見直し、22歳に達する日以後の最初の3月31日までの上の子について、親等の経済的負担がある場合は第1子とするカウント方法に変更となります。

支給月の変更

児童手当の支給月が4月、6月、8月、10月、12月、2月の年6回となります。

現行制度では4か月分の手当を年3回支給していましたが、制度改正後は2か月分の手当が隔月(偶数月)に支給されます。

制度改正後の最初の支給日は、令和6125日(木曜日)(令和610月・11月分)です。

 

児童手当制度改正の概要について
 令和6年9月分まで 令和6年10月分以降 
 支給対象 中学校修了までの児童(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)を養育している方18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校生年代修了まで)を養育している方
 所得制限 所得制限あり 所得制限なし
 支給月額・3歳未満    一律15,000円

・3歳~小学校修了まで

第1子、第2子 10,000円

第3子以降   15,000円

・中学生     一律10,000円

・所得制限以上  一律5,000円

・所得上限以上  支給なし
・3歳未満

第1子、第2子 15,000円

第3子以降   30,000円

・3歳~18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校生年代まで)

第1子、第2子 10,000円

第3子以降   30,000円

 第3子以降の要件 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの養育している子のうち、3番目以降 22歳に達する日以後の最初の3月31日までの養育している子のうち、3番目以降
 支給時期 3回(6月、10月、2月)
(各前月までの4か月分を支給)
 6回(偶数月)
(各前月までの2か月分を支給)

お知らせ

制度改正にともない、手続きが必要な方については、9月上旬に申請書類を送付します。具体的な手続きについては、詳細が決まり次第、こちらのホームぺージでご案内します。

なお、令和6年10月7日に支給される児童手当(令和6年6月から9月分)については、制度改正前の支給額を支給します。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • Xでポストする
  • LINEで送る

【アンケート】このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. こちらはアンケートのため、ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声へお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部管理課子育て支援グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8111

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示