ページの先頭です

旧貴志邸茶室 1棟

2019年1月9日

ページ番号:74298

旧貴志邸茶室

きゅうきしていちゃしつ

分野/部門

有形文化財/建造物

所有者

藤田観光株式会社

所在地

大阪市都島区網島町

紹介

 貴志康一の父弥右衛門の邸宅の茶室。肥後橋の樋口邸を購入し、そこに保管されていた材を使って、別邸のあった桜ノ宮の庭園内に茶室を復元した。

 桧皮葺の宝形屋根をもつ瀟洒なつくりであり、2畳の茶室と土間、勝手からなる。19世紀初頭の建設と推定できる。その形態は京都府八幡市の松花堂茶室(江戸時代初期)と極めて似ており、これの江戸時代後期の状態を模した秀作である。

 当時、大阪の豪商が自邸内に茶室を設けることが盛んにおこなわれたが、「松花堂写し」の茶室は残存する唯一のものであり、当時の町人文化を窺う資料としても貴重である。

旧貴志邸茶室の写真

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム