ページの先頭です

木造薬師如来坐像(正祐寺) 1躯

2019年1月9日

ページ番号:74301

木造薬師如来坐像

もくぞうやくしにょらいざぞう

分野/部門

有形文化財/美術工芸品〔彫刻〕

所有者

宗教法人 正祐寺(しょうゆうじ)

所在地

大阪市天王寺区上本町7

紹介

法量:像高 35.0cm

木造薬師如来坐像の写真

 生玉神宮寺の新蔵院と観音院の後身である正祐寺に伝来する。
 脇侍を伴わない単身像で、彫眼である。肉身部、衣部はともに漆箔で覆われる。熟練した彫技によるもので、目尻の上がった意志的な相貌、動きのある巧みな衣文の表現、大きく張り出した膝前部分は、鎌倉彫刻の特徴を示す。
 構造は、頭部は一木造、体部は一木割矧造と、頭体で異なるが、一具と思われる。なで肩の体躯は体奥も深く、像高35cmという小像ながら、堂々とした造形である。
 制作年代は鎌倉時代、13世紀後半に遡ると考えられる。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム